公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成23年度新人賞

佐藤 康子

さとう やすこ
ソプラノ
千葉県出身 我孫子市在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

東京芸術大学音楽学部、首席卒業。学部在籍中に、安宅賞、松田トシ賞、アカンサス音楽賞を受賞。同大学院修士課程、博士課程修了、平成22年3月、博士号取得。
田中環、平野忠彦、朝倉蒼生、伊原直子、ライナ・カバイヴァンスカ、の各氏に師事。

平成17年、イタリア・スポレート歌劇場にてヴェルディ作曲、歌劇『オベルト』レオノーラ役にてイタリアデビューを果たす。平成18年より、リクルートスカラシップ奨学生として3年間の助成を受け、スポレート実験歌劇場にて2年間の研修を収める。平成19年8月には、イタリア・スポレートのヌオーヴォ劇場にてプッチーニ作曲、歌劇『ラ・ボエーム』ミミ役を、同年9月にヴェルディ作曲、歌劇『イル・トロヴァトーレ』レオノーラ役を務める。

平成20年10月、スペイン・バルセロナ市サバデルのファランドゥラ劇場にて、プッチーニ作曲、オペラ『蝶々夫人』タイトルロールをつとめ、スペイン各地の新聞、音楽雑誌に高い評価を受ける。平成21年1月には、シチリア・メッシーナのヴィットーリオ・エマヌエーレ歌劇場にてプッチーニ作曲、歌劇『ラ・ボエーム』ミミ役にて出演。

平成21年11月より文化庁新進芸術家海外育成制度奨学生として1年間イタリアに留学。ギリシャ国立歌劇場や、スロベニア国立歌劇場、イタリアはイェーズィ、フェルモ、ブリンディズィの各劇場で『蝶々夫人』タイトルロールを務め好評を博す。

これまでの主な受賞歴

2002日伊コンコルソ 第2位、ソプラノ特賞
2006第74回日本音楽コンクール 第3位
2006ロッカデッレマチーエ国際コンクール 第2位
2007トンマーゾトラエッタ国際コンクール 第1位
2008アラガル国際声楽コンクール 第1位
2009日本音楽コンクール 第1位、聴衆賞、増沢賞

本財団助成による海外研修

本年4月より、イタリア・モデナのヴェッキトネッリ高等音楽院に於いて、ライナ・カバイヴァンスカ氏に師事し、プッチーニ、ヴェルディを中心としたイタリアオペラを歌う際に必要な歌唱法と役の解釈など総合的に学ぶ。またイタリアの文化に直に触れ、見識を広める。

佐藤康子(ソプラノ・リサイタル)の成果発表はこちら

平成23年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ岩淵 慶子コレペティトゥアドレスデン
美術宮永 愛子現代美術(彫刻)アメリカ・中南米
オペラ佐藤 康子ソプラノイタリア・モデナ
オペラ桝 貴志バリトン二期会会員ニューヨーク
美術澤 拓現代美術スイス・北米
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。