公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成27年度新人賞

小瀬村 真美

こせむら まみ
映像

東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻油画研究領域修了

写真の加工や絵画の構図などを巧みに利用した映像インスタレーション、写真作品を手がけ、国内外の美術展、映画祭で発表を続けている。膨大な写真ドローイングをつなぎ合わせる手法のアニメーション映像作品、そして近年手がける一見絵画のように見える写真作品はそれぞれのメディアが内包する空間や時間を利用しながらもそれを超える視覚表現を追求し、それを視るわたしたち自身の存在の位置を揺さぶってゆく。

主な展示上映は、2004年「MOTアニュアル2004 -私はどこからきたのか/そしてどこへいくのか-」(東京都現代美術館/東京)、2006年「Projected Realities」Asia Society and Museum, NY(アメリカ/ニューヨーク)、「日本×画展」   (横浜美術館/神奈川)、2007年「East of Eden」 Freer & Sackler Galleries(アメリカ/ワシントン)、2008年 「アジアとヨーロッパの肖像」(国立国際美術館/大阪、神奈川県立近代美術館/神奈川)、2009年「International Incheon Women Artists’Biennale」(韓国/仁川)、「Mind as Passion」台北市立美術館(台湾/台北)、2013年「Now Japan」Kunsthal KAdE(オランダ/アメルスフォールト)、2014年「Kuandu Biennale 2014」(台湾・台北)など多数。
これまでの主な作品は、東京都現代美術館(東京)、東京藝術大学大学美術館(東京)、Asia Society and Museum,NY(アメリカ)、Kuandu Museum ofFine Arts(台湾)に収蔵されている。

これまでの主な受賞歴

1996久米賞 
2001高橋芸友会賞 
2005野村賞(野村芸術文化財団賞)

本財団助成による海外研修

2016年1月よりアメリカ・ニューヨークを拠点とし、写真作品、映像作品を中心に研究、滞在制作を行う。研修中には様々な文化、分野の表現方法の研究と情報収集を行い、自身の作品制作の新しい展開を模索する。わたしの作品はアニメーションという創作性の強い手法を用いながらも、実際にはどの作品もいつも常に現実を写している。新しい視覚と思考を享受し作品に反映させてゆきたい。

平成27年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ荒井 美礼コレペティトゥアベルギー・ゲント/ドイツ・シュトゥットガルト
オペラ佐藤 優子ソプラノ二期会会員イタリア・ヴェローナ
オペラ山本 康寛テノールイタリア・パルマ
美術小瀬村 真美映像アメリカ・ニューヨーク
美術堀江 栞日本画フランス・パリ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。