公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

海外研修成果発表のご紹介

松井 紫朗 美術新人賞研修帰国記念 個展

松井 紫朗の成果発表の模様はこちらをクリック

松井 紫朗 美術新人賞研修帰国記念 個展の模様 スペースキャッチャー(シリコンラバーによる作品)
マンフレッド・シュネッケンブルガー

彼の彫刻は多くのアスペクトをふくんでいるが、しかしそれらは文字どおり一体のものとして生じている。これまで松井は十数年にわたって、たえまなく日本のさまざまな素材的伝統と近代末期のいくつかの状況を駆け抜けてきた。徹頭徹尾、手仕事的な方向性をもって、最初かれは木や土や紙に取り組み、それらによって花にかんするモニュメンタルなモティーフを築きあげている。彼は、銅や鋼鉄や真鍮やアルミニウムや、さらには大理石といった素材の可能性を探る。ハンマーでたたき、穴をうがち、鋳込み、溶接し、机か噴水のような大きく力強い花弁に緑青を浮かせる。彼は、重量感のあるこれらの彫刻を空間へと突出させると同時に、量感と重みによって内に押しとどめる。一九九〇年ころ空間への関係は、きわめて広範囲におよぶものであったが、また多様なニュアンスを持つものでもあった。床にはいくつかの軌道があり、その軌道は円盤状のものによってリズミカルに区切られつつ延びていく。そこからこんにちの作品では、ますます厳格な一貫性を増して展開するようになる。中心的なテーマは、空間の把握、である。(寄稿より 訳:小林信之)

松井 紫朗 プロフィール

松井 紫朗 美術新人賞研修帰国記念 彫刻

日時平成7年7月3日(月) ~ 29日(土)
場所東京画廊(銀座)

 

平成7年度 海外研修成果発表のご紹介

土屋公雄(美術) 個展
日時平成8年2月9日(金)~5月19日(日)
場所原美術館(品川・御殿山)
塩田美奈子(オペラ) ソプラノリサイタル
日時平成7年9月3日(日)
場所Bunkamura オーチャードホール
松本秋則(美術) 個展
日時平成7年9月1日(金)~29日(金)
場所ストライプ・ハウス美術館(六本木)
足立桃子(オペラ) トーク・コンサート
日時平成7年7月21日(金)
場所王子ホール(銀座)
松井紫朗(美術) 個展
日時平成7年7月3日(月)~29日(土)
場所東京画廊(銀座)
柳沢正人(美術) 個展
日時平成7年6月19日(月)~24日(土)
場所資生堂ギャラリー(銀座)

 

五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。