公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

海外研修成果発表のご紹介

足立 桃子 オペラ新人賞研修帰国記念 トーク・コンサート

足立 桃子の成果発表の模様はこちらをクリック

足立 桃子 オペラ新人賞研修帰国記念 トーク・コンサートの模様 足立桃子 オペラ新人賞研修帰国記念 トーク・コンサート

二期会オペラ公演を出発点として、Bunkamura公演、小澤征爾へネシー・オペラシリーズ、サイトウキネン・フェスティバル、大野和士指揮東京フィル・オペラコンチェルタンテなど数々の公演においてコレペティトゥア及び鍵盤楽器を担当。携わった演目は60作品以上、公演本数は150本以上にのぼる。また、声楽伴奏者としても故山路芳久、木村俊光ら第一線で活躍する二期会の歌手の伴奏を中心に数多くのステージ、放送などに共演。そのほか、プロのオーケストラプレイヤーを対象としたアフィニス・セミナーの講師を務めるなど室内楽の分野においても活躍している。現在、コレペティトゥアとして、またウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席メンバーをはじめとする内外の一流演奏家の共演者として数多くのコンサートで活躍している。将来をもっとも嘱望される音楽家である。

足立 桃子 プロフィール

日時平成7年7月21日(金)
開演19:00
場所王子ホール
主催財団法人 五島記念文化財団
制作協力Bunkamura
コレペティトゥア足立 桃子
解説大野 和士
ゲスト高橋薫子(ソプラノ)
緑川まり(ソプラノ)
菅有実子(アルト)
田代誠(テノール)
河野克典(バリトン)
プログラム第1部
G.ヴェルディ歌劇「リゴレット」より
E.フンパーディンク歌劇「ヘンゼルとグレーテル」より
G.プッチーニ歌劇「マノン・レスコー」より
W.A.モーツァルト歌劇「フィガロの結婚」より
プログラム第2部
R.シュトラウス歌劇「サロメ」より
D.D.ショスタコーヴィッチ歌劇「ムツェンスク郡のマクベス夫人」より
W.R.ワーグナー歌劇「さまよえるオランダ人」より

 

平成7年度 海外研修成果発表のご紹介

土屋公雄(美術) 個展
日時平成8年2月9日(金)~5月19日(日)
場所原美術館(品川・御殿山)
塩田美奈子(オペラ) ソプラノリサイタル
日時平成7年9月3日(日)
場所Bunkamura オーチャードホール
松本秋則(美術) 個展
日時平成7年9月1日(金)~29日(金)
場所ストライプ・ハウス美術館(六本木)
足立桃子(オペラ) トーク・コンサート
日時平成7年7月21日(金)
場所王子ホール(銀座)
松井紫朗(美術) 個展
日時平成7年7月3日(月)~29日(土)
場所東京画廊(銀座)
柳沢正人(美術) 個展
日時平成7年6月19日(月)~24日(土)
場所資生堂ギャラリー(銀座)

 

五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。