公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

海外研修成果発表のご紹介

古伏脇 司 美術新人賞研修帰国記念 個展

古伏脇 司の成果発表の模様はこちらをクリック

古伏脇 司 美術新人賞研修帰国記念 個展 の模様 舟,旗,兎
古伏脇 司

作品制作を旅のように続けてきた私が、昨年4月より1年間ニューヨークに滞在した。人も美術も集中した街で新たな体験を得たが、最も記憶に残るものは違う場所で得た。滞在半年を過ぎたあるとき、友人に誘われミシガン湖近くの田舎町を訪れた。私はそこで人と自然、日常と非日常、それらの境界を感じ、そしてそれらの融合を夢想するひとときをもったのだ。そこで暮らしている友人にとってみれば日常の散歩なのだろう。しかし、鹿狩りの跡である雪中の血痕を追いながら、遠く銃声を聞く状況は、田舎暮らしを知らない私にとっては、非日常の体験であった。
ミシガンの森の空気、美しさときびしさの混在する景色に、私は友人との目に見えぬ距離を意識し、人と自然が接する境界を感じて、目指すべきこれからの造形を見たのだ。そのときの印象を内包する形をつくりだすため、出発点として舟と旗、そして兎を選んだのである。私には自分の意志と、漆という天然素材の意志(特性)との関係を絶えず考え、2つの意志の融合を試みてきた体験がある。その上で、肌で触れじかに感じた「境界」を表現するとき、独自の造形が生まれることを確信している。

古伏脇司 プロフィール

古伏脇 司 美術新人賞研修帰国記念 漆造形

日時平成10年1月12日(月) ~ 2月7日(土)
場所ギャラリーなつか(銀座)
日時平成10年1月12日(月) ~ 31日(土)
場所ギャルリ・プス(銀座)

 

平成9年度 海外研修成果発表のご紹介

矢延憲司(美術) 個展
日時平成10年3月20日(金)~5月5日(火)
場所キリンアートスペース原宿
古伏脇司(美術) 個展
日時(1) 平成10年1月12日(月)~2月7日(土)
(2) 平成10年1月12日(月)~31日(土)
場所(1) ギャラリーなつか(銀座)
(2) ギャルリ・プス(銀座)
柳幸典(美術) 個展
日時平成9年12月12日(金)~平成10年1月31日(土)
場所フジテレビギャラリー(台場)
菅原健彦(美術) 個展
日時平成9年12月9日(火)~21日(日)
場所東京セントラルアネックス彩壷堂(銀座)
藤川泰彰(オペラ) テノールリサイタル
日時平成9年9月4日(木)
場所紀尾井ホール
福井敬(オペラ) テノールリサイタル
日時平成9年6月16日(月)
場所紀尾井ホール
扇田克也(美術) 個展
日時平成9年5月8日(木)~24日(土)
場所マスダスタジオ(大久保)

 

五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。