公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

海外研修成果発表のご紹介

武田 州左 美術新人賞研修帰国記念 個展

武田 州左の成果発表の模様はこちらをクリック

武田 州左 美術新人賞研修帰国記念 個展の模様 武田 州左さんに大いに期待する
草薙 奈津子(美術評論家)

武田はアメリカに行く時、日本画顔料は一切持参しなかった。アクリル、油彩、水彩、グァッシュと米国で入手できるあらゆる絵具を試み、水に溶ける良質の油絵具を見つけたという。今回の作品はそれを下地に用いている。日本画顔料に絶大な信頼を寄せる彼が、さらなる発色の良さを求めてのことである。
武田州左が学び、得たのは、単に物質的なものばかりではない。古典美術も現代美術も混在するアメリカで、彼の表現するところは力強さを増し、より的確となった。赤や青の鮮烈な色彩は、刺すように、流れるように、疾駆するように、渦巻くように画面を占め、色の、形の、線の大胆で力強い展開が、そのままメッセージの発信となって、作品を幾重にも意味付ける。生命を希求するような明るさ、拡大性、発進性とでもいったものが、画面の奥に沈みこむのではなく、画面上に跳躍する。かつて繊細優美に流れがちであった武田州左は、もっと直截となり、本来意図している宇宙のはてしない生命の追求に一歩近づいたと感じさせる勢いがそこにはある。しかも常に彼の都会人的な垢抜けたセンスが知的かつバランスある画面作りをする。そういう彼の作品からは、伝統的日本画の古典性と、現代美術の先鋭性が感じられるのである。(寄稿より)

武田州左 プロフィール

武田 州左 美術新人賞研修帰国記念 日本画

日時平成13年12月12日(水) ~ 25日(火)
場所SK画廊(杉並)
香染美術画廊(杉並)

 

平成13年度 海外研修成果発表のご紹介

若林勉(オペラ) バスリサイタル
日時平成14年3月23日(土)
場所津田ホール
武田州左(美術) 個展
日時平成13年12月12日(水)~25日(火)
場所SK画廊(杉並)
香染美術画廊(杉並)
石田瑞夫(美術) 個展
日時平成13年7月24日(火)~8月5日(日)
場所始弘画廊(南青山)
小林良一(美術) 個展
日時平成13年6月22日(火)~7月18日(水)
場所ヨコハマポートサイドギャラリー
奥窪聖美(美術) 個展
日時平成13年5月15日(火)~20日(日)
場所Bunkamura Gallery

 

五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。