公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成6年度新人賞

加藤 二義

かとう つぐよし
舞台美術
岩手県盛岡市出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

昭和52年武蔵野美術大学芸能デザイン学科卒業。
同年東宝舞台(株)に入社、以来、舞台美術の制作に携わる。

舞台美術あるいは映像芸術に必要な舞台の設営は、演出家の構想に基づいて舞台美術家がデザインを描き、それに則って制作家が実際に制作に当たることになる。
これまでに藤原歌劇団や二期会のオペラ、帝国劇場やコマ劇場といった東宝が経営する各劇場、あるいは各テレビ局の各種番組のセット、さらにはウィーン国立歌劇場やケルン歌劇場の来日公演の時の「フィガロの結婚」「後宮からの逃走」「サロメ」「マノン・レスコー」 など数々の大道具や美術の制作を担当。
その間、昭和61年にはウィーン国立歌劇場のアルセナール工場へ3カ月ほど研修に出掛けている。

本財団助成による海外研修

平成6年5月からオーストリア・ウィーン、ドイツ・べルリンを中心に研修。

平成6年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術袴田 京太朗彫刻立川美術学院講師チベット
美術菅原 健彦日本画立川美術学院講師デュッセルドルフ
美術扇田 克也ガラス工芸(財)金沢卯辰山工芸工房専門員ロンドン/プラハ
オペラ立野 至美ソプラノヴェルディ音楽院在学中ミラノ
オペラ久保田 真澄バス ミラノ
オペラ加藤 二義舞台美術東宝舞台(株)美術部課長ウィーン / ベルリン
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。