公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成8年度新人賞

古伏脇 司

こふしわき つかさ
漆造形
東京都出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

東京芸術大学美術学部工芸科漆芸専攻卒業。昭和62年同大学院美術研究科修了。
大西長利氏に師事。

大学卒業後、漆の一般的な使用方法である表面処理や加飾のための技法ではなく、その特性を活かした造形を制作のテーマとしてきた。作品は、石膏で原型を作り、その上に麻布を貼り生漆で塗り固めていくという乾漆技法を用いて、素材の特性と制作過程で得たインスピレーションにより立体造形を行っている。

平成2年のギャルリ・プス(東京・東銀座)における第1回目の個展で注目されて以来、ぎゃらりい彩陶庵(平成3年:山口)、ギャラリーなつか(平成4年、6年:東京・銀座)、ギャルリ・プス(平成5年、7年)などの個展で強い関心を持たれてきた。
グループ展でも、「サントリー美術館大賞展」(平成2年:サントリー美術館)への出品を始め、「塗りの系譜展」(平成5年:東京国立近代美術館工芸館)、「日本の現代作家による漆の造形と屏風繪展」(平成6年:香港)、「素材の領分展」(平成6年:東京国立近代美術館工芸館)、 「Japanese Studio Crafts:Tradition and Avant-Garde」(平成7年:ヴィクトリア&アルバート美術館・ロンドン)などにも招聘され国内外で活躍している。

本財団助成による海外研修

平成8年4月からニューヨークを中心に、現代美術の表現方法並びに米国の工芸技法を学ぶ。

古伏脇司(個展)の成果発表はこちら

平成8年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術古伏脇 司漆造形代々木ゼミナール造形学校講師ニューヨーク
美術東島 毅洋画 ニューヨーク
オペラ佐藤 美枝子ソプラノ藤原歌劇団団員ローマ
オペラ栗林 朋子メゾ・ソプラノ二期会会員ベルリン
オペラ幸泉 浩司舞台監督 ニューヨーク/グラインドボーン
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。