公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成8年度新人賞

幸泉 浩司

こいずみ ひろし
舞台監督
鹿児島県鹿児島市出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

昭和57年専修大学経営学部卒業。

卒業後、音楽関係の仕事をするうちにオペラに強い関心を持ち、㈱ザ・スタッフで舞台監督助手として勉強を始める。昭和62年オペラ・スタッフを抱える㈱クリエイションの設立に参加し舞台監督としての研鑽を積む。
小栗哲家氏などに師事。
同年洗足学園オペラ「フィガロの結婚」で舞台監督デビュー。
平成2年よりフリーとなる。

平成5年5月メトロポリタン歌劇場日本公演、6月ボローニャ歌劇場日本公演で日本側舞台監督として参加。平成6年3月ヘネシーオペラ「トスカ」、11月鎌倉芸術館「撒羅米(さろめ)」、平成7年6月東京室内歌劇場「ヒロシマのオルフェ」、9月サイトウ・キネン・フェスティバル松本「道楽者のなりゆき」、11月日本楽劇協会のブラジル公演「夕鶴」で舞台監督を務めている。

最近は、「現在では未分化の、舞台機構上の技術監督と、ステージマネージャーとしての舞台監督が執り仕切る業務の分担化が行われるであろう」という視点に立って、海外オペラの日本公演の際に、より質の高い立場で日本側の舞台監督を務められるような研究をすることに強い関心を示している。

本財団助成による海外研修

平成8年10月から、ニューヨークや英国のグラインドボーンを始め、欧州各地のオペラ劇場で舞台進行の状況などを視察研究する。

幸泉浩司(舞台監督)の成果発表はこちら

平成8年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術古伏脇 司漆造形代々木ゼミナール造形学校講師ニューヨーク
美術東島 毅洋画 ニューヨーク
オペラ佐藤 美枝子ソプラノ藤原歌劇団団員ローマ
オペラ栗林 朋子メゾ・ソプラノ二期会会員ベルリン
オペラ幸泉 浩司舞台監督 ニューヨーク/グラインドボーン
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。