公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成11年度新人賞

木村 太陽

きむら たいよう
造形
神奈川県鎌倉市出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

平成7年創形美術学校研究科卒業。
在学中より恩師の安藤宏治氏、また、父親の版画家・木村希八氏から発想の仕方や作品制作の考え方を学ぶ。

平成8年より毎年、ギャラリー山口(東京・銀座)で個展(計5回)を開催している。
「拡兆する美術 ’97展」(平成9年:茨城つくば美術館)、「神奈川アートアニュアル ’98/明日への作家たち展」(平成10年:神奈川県民ホールギャラリー)、「フィリップモリス・アートアワード展」(平成10年:東京国際フォーラム)などにも出品している。

何気ない当たり前の日常生活の中に潜む違和感を見つけ出し、その思考の積み重ねを通して、コミュニケーションや関係性・無意識レベルでの群集性・アイデンティティ、または自分というものの根拠・存在・身体と精神の関係などのテーマを浮かび上がらせ、それぞれが互いに絡み合いながら作品の形に昇華させる。ゴミ袋、ジャージや牛乳パックなどの身近にある素材を用いて、滑稽さや不気味さ、時にはブラックユーモアや卑猥さも表している。また、雑踏の中でお互いが感じる不快感や無関心さといった一般社会の不健全さ・ひいては人間の生そのものの不条理を象徴するような意図をも思わせる。

その特異な作品は見る側に、複雑な生理感覚を引き出す笑いや、潜在意識の領域にある感覚を時間の経過とともに顕在化させ、問題意識を提示する効果などがある。
これまでの個展やグループ展で強い関心が寄せられている。

本財団助成による海外研修

平成11年7月からドイツ・ケルンで研修。

木村太陽(造形)の成果発表はこちら

平成11年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術石田 瑞夫彫刻金沢美術工芸大学非常勤講師メキシコ
美術木村 太陽造形 ケルン
オペラ矢田部 一弘バス藤原歌劇団団員ローマ
オペラ横田 敦美舞台美術 ロンドン
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。