公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成11年度新人賞

横田 敦美

よこた あつみ
舞台美術
さいたま市(旧大宮市)出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

山脇学園短期大学卒業。
中学時代に日生劇場で観た二期会公演「ヘンゼルとグレーテル」(演出・栗山昌良、舞台美術・妹尾河童)に感動し、オペラに強い関心を持つ。
山脇学園で染色・テキスタイルデザインを、建築家の黒沢 隆氏に建築史を学ぶ。

昭和63年より妹尾河童氏に師事し、オペラ、ミュージカル、演劇、バレエなどの舞台美術を、また、田原 進、加藤三季夫両氏の率いる「ザ・スタッフ」より数多くの国内外のオペラを学んだ。
昭和63年に藤原歌劇団公演「マクベス」(東京文化会館)、平成元年、5年に同歌劇団公演「アイーダ」(東京文化会館)、平成6年鎌倉芸術劇場制作「サロメ」(鎌倉芸術劇場)などを妹尾氏の助手として、また、平成8年藤原歌劇団公演「トスカ」(東京文化会館ほか)、平成9年東京室内歌劇場公演「ポッペアの戴冠」(シアターコクーン)、平成10年「信濃の国・善光寺物語」(オーチャードホール)、藤原歌劇団公演「蝶々夫人」(長崎ブリックホール)、東京室内歌劇場公演「ベニスに死す」(新国立劇場)などで同氏の補佐を務めた。

平成9年に舞台美術家として、俳優座劇場制作「秋日狂乱」(俳優座劇場)、平成10年に新国立劇場制作「野望と夏草」(新国立劇場小劇場)、地人会制作「デュエットのあとで」(新宿・紀伊国屋ホール)に参加し、ドラマを効果的に助け絶賛される。

本財団助成による海外研修

ロンドン在住の舞台美術家のもとで研修を積み、英国オペラの現代感覚、イタリアオペラの装飾的なバランス感覚、ドイツオペラの洗練された空間構成など、さまざまな舞台美術の技法を学ぶとともに、ヨーロッパの歴史、風土や人々との触れ合いを通じて研修。

横田敦美(舞台美術)の成果発表はこちら

平成11年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術石田 瑞夫彫刻金沢美術工芸大学非常勤講師メキシコ
美術木村 太陽造形 ケルン
オペラ矢田部 一弘バス藤原歌劇団団員ローマ
オペラ横田 敦美舞台美術 ロンドン
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。