公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成12年度新人賞

吉田 有紀

よしだ ゆうき
日本画
神奈川県出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

平成8年多摩美術大学絵画科日本画専攻卒業。
平成10年同大学院美術研究科修了。
現代日本画が閉塞的な状況にあると感じ、新しい発想と自由な表現を見つけ出したいと大学で日本画を専攻。中野嘉之氏に師事。
創作意識の背景には、祖父で小説家・評論家の故今 日出海氏や平成11年に他界した父親で「もの派」の現代美術家・故吉田克朗氏の影響がある。

原宿ギャラリー(平成9年:東京)、渋谷エッグギャラリー(平成10年:東京)で個展を開催。グループ展は、「2人展」(平成9年:渋谷エッグギャラリー)、「絵画出発1997」(平成9年:麻布工芸美術館)、「メチエの未知へ」(平成11年:O美術館)などに参加。また、「フィリップモリス・アートアワード1996」(平成8年:原宿クエストホール)、「関口芸術基金賞」(平成8年、9年、11年:柏市文化フォーラム、平成9年優秀賞)、「第3回昭和シェル現代美術賞」(平成10年:目黒区美術館)、「第3回栴檀会(せんだんかい)」(平成11年:銀座ギャラリー毛利)などに出品。
従来の日本画の表現に留まることなく、岩絵具のもつ新しい表現手段としての可能性を感じ、さまざまな素材と組み合わせて作品を制作している。

作品は、主に顔料、箔で彩色し、画面の上にアクリル樹脂でコーティングするという手法をとることによって、深みのある透き通った光沢感を演出、これまでの絵画表現とは異なる視覚効果を求めている。平面にこだわり、二次元的な表現を通して、鑑賞者が三次元的なイメージを持つ作品を意図して制作してきた。頻繁に表現される楕円形や深い色彩は、夜空を見続けた時に網膜に残る残像や叙情的な風景の中に潜む形態あるいは色彩を簡略化し、宇宙的なイメージを抽象的に表現している。

本財団助成による海外研修

平成12年10月からロンドンを拠点に研修。

吉田有紀(日本画)の成果発表はこちら

平成12年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術吉田 有紀日本画 ロンドン
美術中村 桂子版画町田市立国際版画美術館非常勤職員ロンドン
オペラ森 麻季ソプラノ二期会会員ミュンヘン
オペラ小森 輝彦バリトン二期会会員ドイツ・ゲーラ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。