公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成12年度新人賞

中村 桂子

なかむら けいこ
版画
東京都出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

東京造形大学造形学部美術学科修了。
10代で絵を描きだした頃「ポストもの派」のインスタレーションが大流行し、その影響もあり「版画は彫刻が平面になったもの」と意識するようになる。
大学で版画家の馬場檮男氏、原 健氏に師事し「版」という素材について学ぶ。

平成3年よりほぼ毎年、ギャラリー21+葉(平成3年:東京・銀座)、アートギャラリー・タピエス(平成4年:神戸)、ギャラリーポエム(平成5年、7年、9年:東京・吉祥寺)、ギャラリー219(平成8年:東京・目黒)、ガレリア・グラフィカbis(平成11年:東京・銀座)などで個展を開催。
グループ展では、「第59回日本版画協会展」(平成3年:東京都美術館、山口 源新人賞)、「六女人六色版画展」(平成3年:資生堂ザ・ギンザアートスペース)、「Seven Contemporary Japanese Print-artists」(平成9年:SNAP GALLERY・カナダ・エドモントン)、「日本の木版画1200年」(平成10年:町田市立国際版画美術館)などに出品。町田市立国際版画美術館の工房で、市民に広く開かれたワークショップの講師として指導にもあたっている。

最近の作品は、板目木版を使い、グワッシュ(不透明水彩絵具)で和紙に三原色を何度も刷り重ね、自分のイメージに近い色を出していくという技法をとる。版画は単に描かれた絵を写すものというより、版に塗られた絵具を紙に刷ることで、版の素材と水と紙の融合された新しい面が現れるように、質を変換する装置、三次元と二次元を行き来する装置と捉えている。
作家自身の身体と精神、時間の対話が繰り返し行われ、素材に込められた物質の持ち味が変容し、深みや重みが加わり、平面に定着されていくという制作の過程を大事にする。
作品の置かれた空間の中でのたたずまい、作品と空間との関わり合いも表現のうちにあると考える。

本財団助成による海外研修

平成12年9月よりロンドンを拠点にして、ワークショップなどを通じて文化の交流を図ることを目的に研修。

中村桂子(個展)の成果発表はこちら

平成12年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術吉田 有紀日本画 ロンドン
美術中村 桂子版画町田市立国際版画美術館非常勤職員ロンドン
オペラ森 麻季ソプラノ二期会会員ミュンヘン
オペラ小森 輝彦バリトン二期会会員ドイツ・ゲーラ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。