公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成12年度新人賞

小森 輝彦

こもり てるひこ
バリトン
東京都出身・ベルリン在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

平成2年東京芸術大学声楽科卒業。平成4年同大学院音楽研究科修了。
文化庁オペラ研修所第9期生修了。平成7年度文化庁派遣芸術家在外研修員としてドイツに留学し、ベルリン芸術大学に学ぶ。
原田茂生、勝部 太、中山悌一、デヴィッド・ハーパー、ハラルト・シュタムの諸氏に師事。

大学院在学中から多くのオペラに出演。「ドン・ジョヴァンニ」「フィガロの結婚」「コシ・ファン・トゥッテ」「蝶々夫人」「アラベラ」「ウィンザーの陽気な女房たち」、バーンスタイン「オン・ザ・タウン(日本初演)」などに出演し高い評価を得ている。

平成10年に一時帰国して、ワーグナー「リエンツィ」(藤沢市民会館大ホール:指揮・若杉 弘、演出・栗山昌良)のオルシーニを演じ、平成11年にはドイツ屈指の現代作曲家W.リームの「狂ってゆくレンツ(日本初演)」(新国立劇場:指揮・若杉 弘、演出・実相寺昭雄)で難役のレンツを演じ好評を博した。平成11年2月にチェコのプラハ国立劇場「椿姫」のジェルモンでヨーロッパデビュー。11月に同役で再度招かれ、プラハ聴衆の熱狂的喝采を受ける。ドイツリートや宗教曲のレパートリーも数多く、ソリストとしてもベルリンをはじめドイツ各地で活躍している。

平成12年4月に二期会・新国立劇場共催公演「サロメ」のヨハナーン、6月に「オルフェオとエウリディーチェ」のオルフェオで出演。

これまでの主な受賞歴

1995第2回藤沢オペラコンクール 第2位
1998第6回ルクセンブルグ国際声楽コンクール 奨励賞

本財団助成による海外研修

平成12年8月から、ドイツ・ゲーラで研修。

小森輝彦(バリトンリサイタル)の成果発表はこちら

平成12年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術吉田 有紀日本画 ロンドン
美術中村 桂子版画町田市立国際版画美術館非常勤職員ロンドン
オペラ森 麻季ソプラノ二期会会員ミュンヘン
オペラ小森 輝彦バリトン二期会会員ドイツ・ゲーラ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。