公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成15年度新人賞

福本 双紅

ふくもと ふく
陶芸
京都市出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

京都市立芸術大学美術研究科工芸専攻陶磁器修了。
栗木達介、秋山 陽、佐藤 敏、長谷川直人の諸氏に師事。
大学在学中に、手捻り、轆轤、鋳込などの技法で、陶のオブジェやワイヤーなどを用いたインスタレーションなども手掛ける。大学院を修了する頃より、磁土の轆轤成形を始める。以後、陶器よりも繊細で透明感のある磁器に専念する。

作品は、端正な器の形態と清涼感のある釉薬を基本にしながら、素材・技法・プロセスと自らの感性との対話によって生まれると考えており、制作過程における新たな発見に目を向け、常に冒険を試み、制作時に高めたエモーションをダイレクトに形にするため、アドリブ的な処理を積極的に心掛ける。例えば、朝日現代クラフト展グランプリ受賞作「うすらひ(薄氷)」では、20点の薄い小さな白い磁器で構成しているが、一つひとつがさまざまな形で仕上がっているのはそのためである。

平成12年に京都高島屋、平成14年に大阪・うめだ阪急百貨店、はせがわ銀座本店、平成15年に世界のタイル博物館で個展を開催。
グループ展は、「ふたのあるかたち」(平成13年:京都・ギャラリーにしかわ)、「CONTACT日韓若手陶芸作家交流展」(平成14年:滋賀県立近代美術館、信楽伝統商業会館)、「器を見る」(平成14年:東京色彩美術館)などの多数に出品。

これまでの主な受賞歴

2001第19回朝日現代クラフト展 グランプリ
2002京都府美術工芸新鋭選抜展 最優秀賞

本財団助成による海外研修

平成16年2月からイギリスを拠点に研修。

福本双紅(個展)の成果発表はこちら

平成15年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術福本 双紅陶芸 イギリス
美術中田 秀人現代美術 メルボルン
オペラ幸田 浩子ソプラノ二期会会員ウィーン
オペラ萩原 潤バリトン二期会会員ベルリン
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。