公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成15年度新人賞

中田 秀人

なかた ひでと
現代美術
兵庫県尼崎市出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

平成8年京都精華大学芸術学部ヴィジュアル・コミュニケーション・デザイン科卒業。平成10年同大学院修了。
松本俊夫氏に師事。

平成8年に初の短編映像作品「THE FISHER」を制作。平成9年にバンコクで制作活動および発表を行う。その後、実写と初のストップモーションアニメーションを交えた短編映像作品「ロケットサーカス」を完成させる。この技法は登場人物、多数の小道具、舞台造形などを制作し、1秒に5~30コマのコマ撮り撮影をする。根気と忍耐のいる仕事であり、常に詳細に至るまで強いこだわりをもって制作に取り組む自らの資質に合致している。

平成10年に、映像制作チーム「ソバットシアター」を結成。平成12年には本格的なストップモーションアニメーション「auto mommy」を発表し、国内の映画祭で多数の賞を獲得。ストーリーとメッセージ性の強い作品として高い評価を得る。
平成13年に「ニューヨーク国際短編映画祭」、平成14年に「釜山アジア短編映画祭」ほかに参加するなど、京都を拠点に国内外へ活動の場を拡げている。
同時に、撮影に使用した造形セットを展示するなどファインアート、自主映画という枠にとらわれることなく、広い視野での芸術の可能性を模索している。

これまでの主な受賞歴

2000みちのく国際ミステリー映画祭 角川オフシアターグランプリ
2001第22回神奈川県映像コンクール KTVテレビ特別賞
2002平成14年度京都市芸術文化特別奨励制度奨励者に認証
2010第64回毎日映画コンクールアニメーション部門 大藤信郎賞
2010第13回 文化庁メディア芸術祭アニメーション部門 優秀賞

本財団助成による海外研修

平成16年3月よりオーストラリア・メルボルンを拠点に研修。

中田秀人(映像)の成果発表はこちら

平成15年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術福本 双紅陶芸 イギリス
美術中田 秀人現代美術 メルボルン
オペラ幸田 浩子ソプラノ二期会会員ウィーン
オペラ萩原 潤バリトン二期会会員ベルリン
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。