公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成16年度新人賞

平田 五郎

ひらた ごろう
現代美術
東京都杉並区出身 茨城県取手市在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

昭和63年東京芸術大学美術学部油絵科卒業。
平成2年同大学院壁画研究室修了。
麻生秀穂氏に師事。

平成2年に、狭く深い穴を掘り内側にパラフィンワックスの壁を持つ白い部屋「Mind Space」を制作。心理的な自分の場所や部屋を創ることをテーマに、凍結した湖上、西表島のマングローブ林、砂漠、ヒマラヤ山中などをひとりで歩行して小さな彫刻を創るフィールドワークを繰り返し行う。

平成7年にストライプハウス美術館での個展で、中に入ることの出来るパラフィンワックスの家を造り、以後、同じ素材で家や部屋を造るインスタレーションの発表を続ける。
作品はしばしば白い布の大きなテントと組み合わせ、内部の通路を抜け作品へと至る構造を持っている。このことはひとりで行くフィールドワークでの体験と結びつき、最後に至るのは光で作られた様な白い部屋である。

主な展示は、「超日常-日本現代芸術7人展」(平成10年:上海美術館)、「日韓現代美術展-自己と他人の間」(平成10年:目黒美術館/国立国際美術館/韓国文化芸術振興院美術会館)、「テイストと探究-1990年代の日本美術」(平成10年:ニューデリー国立現代美術館/マニラ・メトロポリタン美術館)、「呼吸する風景」(平成11年:埼玉県立近代美術館)、「アジアのニューインスタレーション」(平成11年:マットレスファクトリー・ピッツバーク)、「ヴァイブレーション-結び合う知覚」(平成13年:宇都宮美術館)、「Temporary・・・」(平成14年:メキシコシティ・エクステレーサ国立現代美術センター)などの多数に出品。個展も平成15年に群馬県立近代美術館で「Mind Space-天窓の光」を行うなど多数開催。

本財団助成による海外研修

平成16年の10月からアラスカを拠点に研修。

平田五郎(個展)の成果発表はこちら

平成16年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術平田 五郎現代美術 アラスカ
オペラ村上 敏明テノール藤原歌劇団準団員ボローニャ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。