公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成18年度新人賞

周防 絵美子

すおう えみこ
工芸(ジュエリー)
東京都出身 世田谷区在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

東京芸術大学大学院美術研究科彫金専攻修了。
在学中より、公募展やグループ展でジュエリーの発表を始める。

平成6年の初個展を機にジュエリー作家として本格的な活動を開始。現在までに、国内で16回の個展を開催。また、海外展では、「Japanese Contemporary Jewellery」(平成7年:ゲント装飾美術館)、「Jewellery Moves」(平成10年:スコットランド国立博物館)、「Metal Element」(平成11年:NSW Art Gallery・シドニー)、「Contemporary Japanese Jewellery」(平成13年:Crafts Council Gallery・ロンドン)、「Metal Form」(平成15年:Galerie Handwerk・ミュンヘン)などに出品を重ねる一方、国内外の公募展へも積極的に挑戦を続けるなど活動。

作品は、ステンレス・銅・銀・金等の極細線や薄板、箔といった金属としては弱く、存在が稀薄に感じられる素材からなるが、身に着けることによって形を作り、使い手の内面と共鳴し、表情豊かに変化する。
近作は金属メッシュに鏨(たがね)で刻印をし、今を表現することを試みている。
Die Neue Sammlung(ミュンヘン)、九州産業大学美術館(福岡)、Museum of Arts and Design(ニューヨーク)に作品が収蔵されている。

これまでの主な受賞歴

1995International Handwerksmesse Munich-TALENTE バイエルン賞&TALENTE賞
1996花のすみか大賞展 大賞
1998日本ジュエリーアート展 大賞
1999第16回淡水翁賞(美術工芸振興佐藤基金)

本財団助成による海外研修

平成19年3月から、ドイツを拠点にヨーロッパ各国の伝統的技術の習得。各国の作家やギャラリーと交流を深め、アートジュエリーがそれぞれの土地でどの様に人々の生活に関わり発展してきたのかを研究・体感することを主な目的とし研修の予定。

周防絵美子(工芸(ジュエリー))の成果発表はこちら

平成18年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術周防 絵美子工芸(ジュエリー) フォルツハイム
美術三瀬 夏之介日本画関西文化芸術学院講師フィレンツェ
オペラ松田 奈緒美ソプラノマンハイム芸術音楽大学在学中マンハイム
オペラ初鹿野 剛バリトン二期会会員、カールスルーエ州立音大ムジークテアター研修所研修生カールスルーエ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。