公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成18年度新人賞

三瀬 夏之介

みせ なつのすけ
日本画
奈良県出身 奈良市在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

平成11年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。
大学在学中より「日本画」の枠を超えた作品を発表。
廃材を使った立体作品や錆を使った抽象の平面作品、水を使った墨の作品などで自然の力から触発された自身のイメージの発露を探る作業を行う。
近作では、つぎはぎの和紙で、支持体に増殖する絵巻物のようなイメージを描きこみ、現代の日本に生きる絵描きの世界の見え方を模索している。

平成16年に第2回東山魁夷記念・日経日本画大賞に最年少でノミネートされる。
平成17年に自主企画「日本画ジャック」(京都文化博物館)を開催。
平成18年1月に、「MOTアニュアル 2006 No Border 「日本画」から/「日本画」へ」(東京都現代美術館)に出品するなど活躍。
また、教え子である高校生たちとプロジェクト「くらやみのひかり」を展開し約200枚の祈りの写真の展示やカフェギャラリーの運営を行う。さらに、「すきまをみつめる」というプロジェクトでは、地元である奈良の良さを再発見するためにアートマップを制作し、「巡礼」と題して様々なイベントを企画している。

これまでの主な受賞歴

2002第2回トリエンナーレ豊橋・星野眞吾賞展 大賞

本財団助成による海外研修

日本における奈良をヨーロッパにおけるフィレンツェと置き換えてみると色々な共通点が見えてくる。共にアートの中心地ではないが古美術の大きな遺産を抱えている。ローカルな場所で生まれる必然的な芸術と、文化を超え世界的に評価されるユニバーサルな芸術との関係性を見極めると共にフレスコ、テンペラなどの古典技法習得を通して、日本の奈良に住む絵描きの必然的な支持体、技法、テーマを見つけることを目的に平成19年3月からイタリア・フィレンツェを拠点として研修の予定。

三瀬夏之介(日本画)の成果発表はこちら

平成18年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術周防 絵美子工芸(ジュエリー) フォルツハイム
美術三瀬 夏之介日本画関西文化芸術学院講師フィレンツェ
オペラ松田 奈緒美ソプラノマンハイム芸術音楽大学在学中マンハイム
オペラ初鹿野 剛バリトン二期会会員、カールスルーエ州立音大ムジークテアター研修所研修生カールスルーエ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。