公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成19年度新人賞

吉賀 伸

よしか しん
彫刻
山口県出身 墨田区在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

平成13年筑波大学大学院芸術研究科彫塑分野修了後、平成15年東京芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。
同大学非常勤講師を経て本格的に作家活動を開始。
萩焼という伝統工芸の家系を背景に持ちつつも具象彫刻の制作活動を出発点とし、徐々に抽象的な形体へと作品を展開しながら大学在学中より公募展やグループ展で発表を始める。

近作では“彫刻の一素材としての陶”という観点から素材の制約と概念を超越した陶による大型の彫刻作品を制作している。その実験的な試みの中から土の持つ可変性を様々に引き出し、新鮮で堅固な立体作品の創出のうちに存在感のある遺跡のような強さと時間性の表出をテーマとして、古代から現代に受け継がれている日本人固有の美意識の発現を試みている。

平成12年より出品している「新制作協会展」(東京都美術館)において、平成14年と平成17年には新作家賞を受賞するなど新鋭の彫刻家として活躍。
平成18年にはCite Internationale des Arts(国際芸術都市、パリ)に滞在し
3ヶ月間の研修も行っている。

これまでの主な受賞歴

2002第3回日本ユーモア陶彫展'02 大賞

本財団助成による海外研修

本財団の助成により本年4月から、フランス・パリを拠点に南仏・スペインの先史美術、南仏・イタリアのローマ遺跡、ギリシア遺跡を中心に巡り、それらを取り巻く環境と風土、そして古代から現代に至る時間を体感し、日本文化との比較研究をすることにより、日本における今後、自身の表現技法・テーマなどの芸術活動の指針を確立することを目的として研修する予定。

吉賀伸(彫刻)の成果発表はこちら

平成19年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術吉賀 伸彫刻 パリ
美術石田 尚志現代美術(映像) トロント
オペラ党 主税バリトン藤原歌劇団準団員ミラノ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。