公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成19年度新人賞

石田 尚志

いしだ たかし
現代美術(映像)
東京都出身 世田谷区在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

慶応義塾高校中退。那覇にて真喜志勉に絵画を師事。
イメージフォーラム付属映像研究所(19期)で映像を学ぶ。
有機的な線描による抽象絵画の制作過程をコマ単位の撮影によってアニメーション化する映像作品と、インスタレーションを制作する。映像作品に『部屋/形態』(’99) や、愛知芸術文化センターオリジナル映像作品『フーガの技法』(’01)などがあり、それら作品は、香港国際映画祭、トロント国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭など国内外の多くの国際映画祭、ウォーカー・アート・センター(アメリカ)などの美術館で上映されている。また映像を使用したインスタレーションに、『もっと光を!もっと闇を!Vol.2 絵馬・絵巻』(’03、世田谷美術館)などがある。

本年4月に開催予定の横浜美術館『水の情景-モネ、大観から現代まで』展や横須賀美術館開館記念展などで作品発表予定。また、愛知芸術文化センターでの詩人吉増剛造、チェンバリスト中野振一郎との共演や、ヴォイスパフォーマー足立智美のサウンドによるライブペインティングなど、他分野の表現者とのライブセッションに積極的に取り組むなど、領域を自在に横断しながらの表現活動を展開している。

これまでの主な受賞歴

1999イメージフォーラム・フェスティバル’99 特選
1999アート公募99 審査委員賞
2000レティナ2000国際映画祭(ハンガリー) 第2位
2003イメージズ映画祭(2003 カナダ) 最優秀国際映画賞

本財団助成による海外研修

本財団の助成により来年3月からアニメーション、実験映画、ビデオアートなどの映像芸術において特殊な歴史を持つカナダ・トロントを拠点に研修する予定。また北米とヨーロッパでの作品発表を行う。

石田尚志(現代美術(映像))の成果発表はこちら

平成19年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術吉賀 伸彫刻 パリ
美術石田 尚志現代美術(映像) トロント
オペラ党 主税バリトン藤原歌劇団準団員ミラノ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。