公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成19年度新人賞

党 主税

とう ちから
バリトン
福岡県出身 イタリア・ミラノ在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

平成9年信州大学教育学部心理臨床科卒業。同大学音楽科声楽研究生を経て、平成13年日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第20期修了。
平成14年度文化庁新進芸術家国内研修員。
大城康宏、柴山昌宣、牧野正人、ジョルジョ・ロールミの諸氏に師事。

平成13年「イル・カンピエッロ」カヴァリエーレでオペラデビュー。その後、さいたまシティオペラ公演「修禅寺物語」の行親、日生劇場主催「カルメン」ズニガなどに出演。平成15年、日本オペラ協会に「美女と野獣」天邪鬼でデビューし、同年仙台オペラ協会公演「ラ・ボエーム」ショナール、オペラ彩・和光市文化振興公社主催「ドン・ジョヴァンニ」タイトルロール、さらに平成16年、日本オペラ団体連盟人材育成オペラ公演「ヘンゼルとグレーテル」ペーター、国民文化祭・ふくおか2004で「仮面舞踏会」シルヴァーノに出演し活動の場を広げている。その他「蝶々夫人」神官・ボンゾ、「愛の妙薬」ベルコーレ、「フィガロの
結婚」伯爵、「カルメン」エスカミーリョ、「セヴィリアの理髪師」フィガロなどに出演。
平成16年には民音主催「第九」でソリストデビューを果たす。藤原歌劇団本公演へは平成16年5月「イル・カンピエッロ」アンゾレートでデビューを果たし、平成17年「チェネレントラ」アリドーロを好演、さらに同年「アドリアーナ・ルクヴルール」キノーと連続して出演しいずれも好評を得る。

平成18年度文化庁派遣芸術家在外研修員としてミラノへ留学、研修中はカーザ・ヴェルディを始めミラノ近郊でコンサートに多数出演、オペラでは「ラ・トラヴィアータ」ジェルモンを歌い好評を博す。

これまでの主な受賞歴

1998第7回日本クラシック音楽コンクール 全国大会入選

本財団助成による海外研修

本財団の助成により本年6月から、北イタリアを中心にコンクール、オーデションに参加しながら研鑽を積む。イタリアベルカントオペラを主なレパートリーとして、より成熟した声と音楽性を追及していくなかで、ヴェルディ、プッチーニへとレパートリーを拡大してゆくために引き続きミラノで研修する予定。

党主税(バリトン)の成果発表はこちら

平成19年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術吉賀 伸彫刻 パリ
美術石田 尚志現代美術(映像) トロント
オペラ党 主税バリトン藤原歌劇団準団員ミラノ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。