公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成20年度新人賞

鬼頭 健吾

きとう けんご
現代美術
愛知県出身 名古屋在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

平成13年名古屋芸術大学美術学部絵画科洋画コース卒業後、平成15年
京都市立芸術大学大学院美術研究科終了。
現在、名古屋を拠点に制作を続ける。

平成11年の在学中より平成13年まで、名古屋の自主運営スペースdotの設立、運営にたずさわり、個展やグループ展を通じて作品を発表する。平成16年、東京のケンジタキギャラリーとGALLERAY KOYANAGIにて個展を同時開催し、代表作となる「コズミック・ダスト」と「クエーサー」を発表する。鏡やラメを取り入れた絵画やインスタレーションにより、現実のポップな輝きと危うい表層感に満ちた特異な世界を現出させ、注目される。その後、平成16-17年には「日本の新進作家vol.3 新花論」展(東京都写真美術館)、平成17年「ベリーベリーヒューマン」展(豊田市美術館)、平成18年VOCA展(上野の森美術館)と、多数のグループ展に参加。平成19年には、「パブリックスペースプロジェクト」(東京都現代美術館)、「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展(森美術館)に出展し、最も注目度の高い若手作家として期待される。

フラフープやシャンプーボトルなど日常的な既製品のカラフルさ、鏡やラメの反射、モーターによる動きなど回転や循環を取り入れたインスタレーション、立体や絵画、映像など多様な作品を発表。現代の人工的なカラフルさや輝きと、生命体や宇宙を感じさせるような広がりを混在させる。

これまでの主な受賞歴

2003京都市立芸術大学大学院修了制作展 奨励賞

本財団助成による海外研修

本年9月からアメリカ・ニューヨークにて滞在制作し、自身の絵画を発展させるとともに、新たな素材の収集と手法の研究を通じて、従来にはない絵画を出発点とする絵画的空間インスタレーションの可能性を追究することを目的に研修する。作品発表と同時に、作家とキュレーター、ギャラリスト、評論家などがともに展覧会を企画し、時代のアートシーンをつくりあげる新たなスタイルを、多くの作家や美術関係者との交流を通じて確立することを目指す。

鬼頭健吾(現代美術)の成果発表はこちら

平成20年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術鬼頭 健吾現代美術 ニューヨーク
美術塩保 朋子現代美術 中国 / ヨーロッパ
オペラ伊香 修吾演出 ウィーン
オペラ青山 貴バリトン二期会会員イタリア・ミラノ
オペラ志田 雄啓テノール日本声楽アカデミー会員ニューヨーク
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。