公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成20年度新人賞

青山 貴

あおやま たかし
バリトン
東京都出身 イタリア・ミラノ在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

平成10年東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。
卒業時に松田トシ賞受賞。宮内庁主催桃華楽堂御前演奏会に出演。
同大学大学院修士課程オペラ科を修了し、平成13年二期会オペラ研修所第44期マスタークラスを最優秀賞、川崎靜子賞を受賞して修了。
新国立劇場オペラ研修所第4期修了。
大久保省三、鈴木寛一、セルジョ・ベルトッキの諸氏に師事。

平成11年、芸大定期「コジ・ファン・トゥッテ」グリエルモ役でオペラデビューし、新国立劇場オペラ研修所公演「魔笛」パパゲーノ、「フィガロの結婚」伯爵、「こうもり」ファルケ、「ラ・ボエーム」ショナール、「アルバート・ヘリング」ゲッジ牧師で出演。新国立劇場本公演には平成15年「ホフマン物語」ヘルマンでデビューし、平成16年「マクベス」第一の幽霊、「カルメン」モラレスで出演。平成20年「黒船」第二の浪人、第二の漁師役で出演。また、びわ湖ホールオペラでは「スティッフェーリオ」スタンカー、「海賊」セイド役のカバーキャストで公演に参加した。

二期会本公演には平成18年「蝶々夫人」ヤマドリでデビュー、平成19年「仮面舞踏会」レナートで出演。その他、「第九」、「メサイア」、「レクイエム」、「ミサ曲」「受難曲」等のソリストとして数多く出演している。

平成16年度文化庁在外派遣研修員として1年間ボローニャに留学、ボローニャ王立音楽アカデミーで学ぶ。平成18年からはロームミュージックファンデーション在外研究員として再び渡伊、ボローニャ、ミラノで研鑽を積んでいる。

これまでの主な受賞歴

2007第6回カルロス・ゴメス国際コンクール第1位受賞(イタリア・トリノ)

本財団助成による海外研修

来年1月から、現在拠点にしているミラノで引き続き研修する予定。発声のテクニックの追求、イタリア語の習得、イタリアオペラのレパートリー拡大を軸として、オーディションやコンクールに積極的に挑戦しながら研鑽を積む。

青山貴(バリトン)の成果発表はこちら

平成20年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術鬼頭 健吾現代美術 ニューヨーク
美術塩保 朋子現代美術 中国 / ヨーロッパ
オペラ伊香 修吾演出 ウィーン
オペラ青山 貴バリトン二期会会員イタリア・ミラノ
オペラ志田 雄啓テノール日本声楽アカデミー会員ニューヨーク
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。