公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成21年度新人賞

梶井 照陰

かじい しょういん
写真
新潟県出身 佐渡島在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

平成11年高野山大学密教学科卒業。16歳の頃より写真雑誌などで作品を発表し始める。平成7年~11年、高野山で修行。現在、佐渡島にて真言宗の僧侶をするかたわら、ベトナム、カンボジア、タイ、パプアニューギニア、イギリス、中国など、世界各国を訪ね、積極的に取材して歩く旅を続け、都市生活が辺境地域に与える深刻な影響について写真を通して発言を行う若手写真家のひとりとして注目される。

佐渡の波を撮り続けたシリーズ『NAMI』で一躍注目を集め、多くのメディアに取り上げられる。それに加え、今後10年以内で消滅する恐れのある日本各地の集落を取材し、いまだ各地に残る“原風景”に接し、フォト+ルポルタージュとして一冊にまとめた『限界集落-Marginal Village』を発表している。

現在の中国は、急激な経済成長により都市と農村の差が拡大し、高齢化率も上昇してきている。このため農村は華やかな都市の発展の影に隠れた存在となっている。若者の姿が消え、土地固有の文化が失われ、現在の日本のように集落が寂れつつある。成長の激流のなかで失われていく“何か”を自らの感覚で写し取る、今後はその視点をアジアにも向けることを目指している。

平成16年「第1回フォイル・アワード受賞記念展」(リトルモア・ギャラリー・東京)にて初個展。平成17年~平成20年にはシリーズ「NAMI」で個展(佐渡博物館・新潟、エプサイト・東京、銀座コマツ・アートスペース・東京、新潟市新津美術館・新潟)。平成20年「限界集落」(FOIL GALLERY・東京)、平成21年「四ヶ村」(東北芸術工科大学図書館ガレリアノルド・山形)にて個展。平成17年「Landscape」(Gana Art Center 韓国・ソウル)平成18年「Whisper not !」(Huis Mareille オランダ・アムステルダム)平成19年「水の情景 モネ、大観から現代まで」(横浜美術館・横浜)、「Spitting Image - a group of photographers」( V1 gallery デンマーク・コペンハーゲン)などグループ展も多数。

これまでの主な受賞歴

2004第1回フォイル・アワード 受賞
2005日本写真協会賞新人賞 受賞

本財団助成による海外研修

本年5月から中国(上海・ハルピン)を拠点に中国の農村地域の失われていく文化や生活様式、原風景を体感し、独自の視点で表現することを目的として研修する予定。

梶井照陰(写真)の成果発表はこちら

平成21年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術梶井 照陰写真中国
美術手塚 愛子現代美術 ドイツ・ベルリン
オペラ田尾下 哲演出 ドイツ・ベルリン
オペラ小野 和歌子メゾ・ソプラノ イタリア・ローマ
オペラ笛田 博昭テノール イタリア・ミラノ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。