公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成21年度新人賞

手塚 愛子

てづか あいこ
現代美術
東京都出身 京都市在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

平成11年武蔵野美術大学油絵学科卒業。平成13年同大学大学院油絵コース修了後、平成17年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程油画領域修了。博士号(美術)取得(博士論文「織りとしての絵画」)。戸谷成雄、宇佐美圭司、小清水漸、潮江宏三の諸氏に師事。
現在、京都市立芸術大学非常勤講師、吉備国際大学大学院非常勤講師。

絵画制作と並行して糸や布による作品制作を開始。絵画の構造的な思念を中心に置きながら制作を重ねるうちに絵画形式の中に「織構造」を見出すようになる。それは絵画が物質的な組成から見ても、歴史的文脈上の存在においても、「織られた」、層状になっている、ということである。刺繍の表裏を露呈させる作品や、既に織られた織物を解体、或いはその縦糸だけを取り出して見せるといった独自の手法による、絵画でも工芸でもない独特な世界感を持つ作品を制作、発表している。

平成16年ARTCOURT Gallery(大阪)、平成17年INAXギャラリー2(東京)にて個展。平成19年スパイラル・ワコールアートセンター(東京)にて個展「薄い膜、地下の森」を開催し、直径7mの巨大な刺繍作品を発表。同年ケンジタキギャリー(名古屋)にて個展、府中市美術館(東京)にて公開制作「気配の縫合 - 名前の前に」を行う。平成20年第一生命ギャラリー(東京)にて個展。グループ展は平成17年「VOCA展」(上野の森美術館)、平成18年「越後(岡崎市美術博物館)、「サイクルとリサイクル」(愛知県美術館)に出品し、平成20年に「MOTアニュアル2008 解きほぐすとき」(東京都現代美術館)にて川島織物セルコンと協同し大作を発表。同年「たねとしかけ」(群馬県立近代美術館)、所沢ビエンナーレ「引込線」(西武鉄道旧所沢車両工場跡)の他に、国際芸術センター青森のレジデンス「Tangent」に参加。

これまでの主な受賞歴

2002京展 洋画部門 大賞受賞
2005VOCA展 佳作賞受賞

本財団助成による海外研修

本年11月から、自身の制作から生まれた問いとして、美術と工芸の分岐点を美術家として深く考究し、さらに古代の造形から現代までの変遷を見聞し視野を広げるためヨーロッパ各地を訪ねる。また変化の渦中であるベルリンを拠点に作品を制作発表することを目指し、さらなる作品展開につながるよう研鑽を積む。

平成21年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術梶井 照陰写真中国
美術手塚 愛子現代美術 ドイツ・ベルリン
オペラ田尾下 哲演出 ドイツ・ベルリン
オペラ小野 和歌子メゾ・ソプラノ イタリア・ローマ
オペラ笛田 博昭テノール イタリア・ミラノ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。