公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成22年度新人賞

上田 順平

うえだ じゅんぺい
工芸
大阪府出身 京都市在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

大阪芸術大学芸術学部工芸学科陶芸コース卒業。
京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程陶磁器科卒業。
重松あゆみ氏に師事。

百円均一の焼きものから、茶道における焼きものまで、幅広い人々に愛される焼きものの存在と、焼きものが持つ縄文から続く長い歴史、そして、人間、時間、空間全てを容れることを可能にする「うつわ」という概念を利用する事により、万能な装置としての立体を陶磁器により制作している。また、作品中に様々な事物を混在させることにより、生活と芸術の接点、人間と万物の接点を探求し、同時に作品が、何ものにも代え難い生命感を得る事を目指している。

平成16年、18年、ギャラリー16(京都)にて個展「コウキュウスキン」、個展「チャンポン」を開催、平成20年イムラアートギャラリー(京都)にて個展「パチモン」を、平成22年イムラアートギャラリー(京都)にて個展「カンゲン」を開催。

平成17年、18年「京都府美術工芸新鋭選抜展」(京都市文化博物館)、平成18年「取っ手に注目」(岐阜県現代陶芸美術館)、平成20年「第11回岡本太郎現代芸術賞展」(川崎市岡本太郎美術館)、所蔵作品展 こども工芸館[装飾/デコ](東京国立近代美術館工芸館)、平成21年岡本敏子賞受賞記念展示(岡本太郎記念館)、「現代工芸への視点 装飾の力」(東京国立近代美術館工芸館)、平成22年京都市立芸術大学サテライトギャラリーにて「きょう・せい」等グループ展も多数。

これまでの主な受賞歴

2006「京都府美術工芸新鋭選抜展 2006 -新しい波-」 工芸部門・最優秀賞
2008「第11回岡本太郎現代芸術賞展」岡本敏子賞

本財団助成による海外研修

本年8月からメキシコにおける生と死の捉え方や、土着的感性と外来の文化が結びつき、どのようにして独自の文化へ至ったかを調査する。そして、環境や風土が文化に及ぼす影響という観点から、日本文化と照らし合わせて、相違点や共通点について検証する。そうすることで、日本文化を客観的に捉え、再考察すると共に、国や文化を超える普遍的な魅力について探究する。

平成22年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術上田 順平工芸メキシコ
美術田口 和奈現代美術ヨーロッパ
オペラ岡田 尚之テノール二期会会員ドイツ・ミュンヘン
オペラ大沼 徹バリトン二期会会員ドイツ・マイセン
オペラ柴田 真郁指揮二期会オペラ研修講師イタリア・ペーザロ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。