公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成22年度新人賞

岡田 尚之

おかだ なおゆき
テノール
東京都出身 港区在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科声楽専攻修了。新国立劇場オペラ研修所修了。岡﨑實俊、原田茂生、ウーヴェ・ハイルマン、マルチェッラ・レアーレ、セルジョ・ベルトッキ、パオラ・モリナーリの各氏に師事。
二期会会員。

新国立劇場オペラ研修所研修公演にて、プッチーニ『ジャンニ・スキッキ』のリヌッチョ役を歌ってオペラデビューを果たす。同研修所では、平成17年にイタリアに留学し、現地で研鑽を積むと共にプッチーニ『ラ・ボエーム』のロドルフォ役、ドニゼッティ『マリア・ストゥアルダ』のレイチェスター役を歌い、好評を博す。

研修所修了後は、平成18年度文化庁新進芸術家海外留学制度1年派遣研修員として再びイタリアに留学。帰国後、香川県高松市においてプッチーニ『蝶々夫人』(指揮:菊池彦典)のピンカートン役で林康子と共演し、絶賛される。

イタリアオペラ以外でも、フランスオペラやドイツオペラ、オペレッタにもレパートリーを持ち、歌曲やカンツォーネ、ポピュラーソングも含めたコンサートにも多数出演している。
豊富な語学能力を活かした幅広いレパートリーと、多彩で表現豊かな音楽性を持った、世界的な活躍が期待される新進気鋭のテノール歌手である。

これまでの主な受賞歴

2007第3回ラヴェッロ国際声楽コンクール ファイナリスト
2007第14回ジュゼッペ・ディ・ステーファノ国際声楽コンクール メンツィオーネ・ドノーレ賞受賞
2008第7回藤沢オペラコンクール 奨励賞受賞
2008第3回マダム・バタフライ国際コンクールin長崎 第2位入賞

本財団助成による海外研修

本年4月からドイツ・ミュンヘンを拠点に、テノール歌手のジークフリート・イェルーザレム氏の下で、さらなる発声技術の上達と、オペラにおける歌唱法、表現法を学ぶ。同時に、イタリアをはじめ、ヨーロッパの様々なオーディションやコンクールに挑戦し、そのつど研修の成果や課題を確認すると共に、国際的な活躍を目指し研鑽を積む。

岡田尚之(テノール)の成果発表はこちら

平成22年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術上田 順平工芸メキシコ
美術田口 和奈現代美術ヨーロッパ
オペラ岡田 尚之テノール二期会会員ドイツ・ミュンヘン
オペラ大沼 徹バリトン二期会会員ドイツ・マイセン
オペラ柴田 真郁指揮二期会オペラ研修講師イタリア・ペーザロ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。