公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成23年度新人賞

宮永 愛子

みやなが あいこ
現代美術(彫刻)
京都府出身 京都市在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

東京芸術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。

日用品をナフタリンでかたどったオブジェや、塩を使ったインスタレーションなど、気配の痕跡を用いて時を視覚化する作品で注目を集める。

近年の主な展覧会は平成20年、釜山ビエンナーレ(韓国)「第3回シセイドウ アートエッグ 宮永愛子展」資生堂ギャラリー(東京)。平成21年「アーティスト・ファイル2009」国立新美術館(東京)。平成22年、パリ日本文化会館において二人展 「ドゥーブル・リュミエール:宮永愛子&関根直子」を開催。あいちトリエンナーレでは、都市に流れる川の記憶をインスタレーションとして発表した。また本年4月には、ミヅマアートギャラリー(東京)にて個展を予定している。

宮永の作品は展示期間中に少しずつ変化することで知られる。常温で昇華するナフタリンを使った日用品のオブジェは、代表的なイメージのひとつ。ナフタリンのオブジェは時の経過により昇華し形を変えていくが、ナフタリンはケースの中で再結晶し存在を続ける。世界は二進法的に存在と消失で構成されるのではなく、かりそめの形を変えながら存在し続けるこの世界を、変化という時の痕跡が象徴し提示する。

これまでの主な受賞歴

2008第3回シセイドウアートエッグ shiseido art egg賞

本財団助成による海外研修

本年8月からアメリカを拠点に中南米などに滞在し、その文化に触れ文化発祥を比較検証する。生まれ育った日本からみた地球の裏側、まだ見ぬ世界を訪れることで、自分自身の世界観を客観視し再構築する。また、その場所で新しい制作プロジェクトをはじめ、さらなる飛躍を目指す。

宮永愛子(現代美術(彫刻))の成果発表はこちら

平成23年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ岩渕 慶子コレペティトゥアドレスデン
美術宮永 愛子現代美術(彫刻)アメリカ・中南米
オペラ佐藤 康子ソプラノイタリア・モデナ
オペラ桝 貴志バリトン二期会会員ニューヨーク
美術澤 拓現代美術スイス・北米
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。