公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成23年度新人賞

澤 拓

さわ ひらき
現代美術
石川県出身 ロンドン在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

ロンドン大学スレード美術学校大学院彫刻科程修了。

平成14年、イギリスで発表した映像作品「dwelling」をきっかけとしてビデオ作品を手がけるようになる。以後、ロンドンを拠点に作家活動を始め国内外で発表する。「dwelling」(2002年)をはじめとした初期の作品、「elsewhere」(2003年)、「trail」(2005年)では、自宅の部屋の中に、自分が慣れ親しんだ飛行機のおもちゃ、食器、文房具、影などが動き回るという、ありふれた日常空間にありえるかもしれない、別の層の日常的風景を表現した。

近年ではマルチスクリーンインスタレーションに時間芸術である音楽を取り入れ、それらを展示空間に立体的に設置することで、映像をただ観るという対象にとどめるのではなく、“経験”するものとして表現する。ブリスベンで開かれたアジア・パシフィックトリエンナーレ2009で発表した「O」(2009年)は円環―廻ってはつながっていく時間―を映像と音を通して空間に表現したものである。

主な展覧会は、平成17年「アートサーカス」横浜トリエンナーレ(横浜)、平成18年「Six Good Reason to Stay at Home」National Museum of Victoria (メルボルン/オーストラリア)、平成20年「アーティストファイル」国立新美術館(東京)、平成21年「Carrousel」 Musée du Temps and Musée National des Beaux-Arts de Besançon (ブゾンソン/フランス)、同年「さわひらき展」オオタファインアーツ(東京)、平成22年「O」James Cohan Gallery(ニューヨーク/アメリカ)、などがある。

これまでの主な受賞歴

2002East International Award 受賞
2006Decibel Award for Artists  受賞

本財団助成による海外研修

本年9月からサンフランシスコを拠点とするDVDマガジン出版社「WHOLPHIN」で、映画のプロダクションの手法を取り入れつつ、 作品構想、制作、DVD出版までの一連の過程を経験する。この研修を機に新たな視点から映像と関わり、自身の作品の表現の可能性を拡げることに役立てたい。

澤拓(現代美術)の成果発表はこちら

平成23年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ岩渕 慶子コレペティトゥアドレスデン
美術宮永 愛子現代美術(彫刻)アメリカ・中南米
オペラ佐藤 康子ソプラノイタリア・モデナ
オペラ桝 貴志バリトン二期会会員ニューヨーク
美術澤 拓現代美術スイス・北米
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。