公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成24年度新人賞

佐藤 美晴

さとう みはる
演出
東京都出身 神奈川県在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

慶應義塾大学文学部美学美術史学専攻卒業,同大学大学院文学研究科修了(専門:音楽学・オペラ演出史。)

大学在学中よりオペラ演出を志す。これまでの演出作品として、モーツァルト作曲、歌劇『フィガロの結婚』(2004年・彩の国さいたま芸術劇場)、R.シュトラウス作曲、歌劇『ナクソス島のアリアドネ』(2005年・彩の国さいたま芸術劇場)、ヴェルディ作曲、歌劇『リゴレット』(2007年・セシオン杉並)、モーツァルト作曲、歌劇『魔笛』(2011年・サンパール荒川)、ヴァーグナー作曲、歌劇『神々の黄昏』(2011年・サンパール荒川)、オーケストラコンサート『魔笛』(2011年・神奈川芸術劇場)などがある。2004-05年、オペラ演出史・舞台美術史研究のためウィーン大学演劇学科・ウィーン経済大学で学ぶ。2006年、修士論文では20世紀前半のウィーンとバイロイトにおける舞台美術と演出について研究。

2005年夏、オーストリアのシュタイヤー音楽祭『魔笛』演出助手。2005年秋に帰国後は、国内オペラ公演において演出助手・演出スタッフとして参加。兵庫県立芸術文化センター『魔笛』、新国立劇場では『フィガロの結婚』『カルメン』『軍人たち』『蝶々夫人』『こどもオペラ ジークフリートの冒険』『トゥーランドット』『ドン・ジョヴァンニ』『ムツェンスク郡のマクベス夫人』『チェネレントラ』『トスカ』『魔笛』『ジークフリート』『アラベッラ』『アンドレア・シェニエ』などで演出助手を務めている。
平成21、22年度二期会オペラ研修所に演出補助講師として出講。現在、玉川大学芸術学部特別講師。

本財団助成による海外研修

6月からイギリスのロイヤルオペラ、ドイツの歌劇場において劇場研修を行い、ヨーロッパにおける演出家の演技指導を実地で学ぶ。また、研修を通じて、各国の文化、演劇の伝統、現在のオペラ演出が置かれている状況を知り、日本人演出家としてのあり方を考える。

佐藤美晴(演出)の成果発表はこちら

平成24年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ岡田 昌子ソプラノ二期会会員イタリア・ジェノバ
オペラ佐藤 美晴演出玉川大学芸術学部特別講師イギリス・ドイツ
オペラ上江 隼人バリトン二期会会員イタリア・ミラノ
美術大西 伸明現代美術ドイツ
美術市川 裕司日本画ドイツ・デュッセルドルフ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。