公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成24年度新人賞

大西 伸明

おおにし のぶあき
現代美術
岡山県出身 滋賀県在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

京都市立芸術大学大学院美術研究科版画修了。

版画技法の特徴である、複数性と単独性を同時に有する構造を起点に、樹脂による型取りや版画技法を用いて、日常身の回りに存在する物体の表面を剥ぎ取りつつ再生産する。卓越された技術を駆使し、精巧に彩色を施すことで、あたかも本物と見紛うばかりの別の物体・マルチプルを制作し、相反する方向を同時に遂行することによって引き裂かれた状態のままオブジェとして表現する。
本物そっくりな質感が透明樹脂に置き換わっていく一連の作品が代表作であるが、発電所美術館での個展を契機に、クラッシュした車やテトラポッド、10mを超える大木などから型を取った作品がある一方で、錆びた釘や椿の一葉など繊細で小さな作品まで制作し、「見ること」それ自体の困難さを通じてその豊かさを逆説的に提示する。

主な展覧会は、2006年個展「Desktop,Dress,Gray,」国際芸術センター青森(青森)2008年個展[LOVERS LOVERS]入善町下山芸術の森 発電所美術館(富山)2010年個展「新しい過去」MA2gallery(東京)、2011年「内在の風景」小山市立車屋美術館(栃木)個展「UNTITLED」兵庫県立美術館(兵庫)「Okazaki/Onishi/Object [2]」MA2gallery(東京)2012年個展「THROUGH」ギャラリーノマル(大阪)などがある。

これまでの主な受賞歴

2004京都府美術工芸新鋭選抜展 最優秀賞受賞
2007あおもり国際版画トリエンナーレ2007 あすなろ賞受賞
2008第1回岡山県新進美術家育成「I氏賞」 大賞受賞

本財団助成による海外研修

2月からドイツを拠点にヨーロッパ諸国に滞在し、近代・現代の美術工芸や生活文化を視察し、モチーフの隠喩や象徴についての関係を調査する。「もの」と人や文化の関わりを日本文化と相対的に考察することで、現代における「もの」と知覚の関係をより広く有機的に連動させるような表現活動の契機としたい。

大西伸明(現代美術)の成果発表はこちら

平成24年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ岡田 昌子ソプラノ二期会会員イタリア・ジェノバ
オペラ佐藤 美晴演出玉川大学芸術学部特別講師イギリス・ドイツ
オペラ上江 隼人バリトン二期会会員イタリア・ミラノ
美術大西 伸明現代美術ドイツ
美術市川 裕司日本画ドイツ・デュッセルドルフ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。