公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成24年度新人賞

市川 裕司

いちかわ ゆうじ
日本画
埼玉県出身 埼玉県在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻日本画領域を修了。同大学日本画研究室助手として2011年まで勤務。

アルミやアクリルといった現代身近な材質観を、作品の現在を表すツールとして構成し「日本画」の延長線を探ってゆく。古典技術や伝統様式を応用した平面や立体、インスタレーションを手がける。

2006年より銀座コバヤシ画廊にて透明アクリル板を支持体に描画を施した大型立体作品「genetic」シリーズを展開。屏風にルーツをもった重厚な形体に、描かれた有機的なドローイングが浮遊する姿は、既存の「日本画」イメージをはるかに超えた取り組みとして注目を集める。近年はグループ「META」に参加し、2010、2011年「METAⅡ」神奈川県民ホールギャラリー(神奈川)での発表や2011年「New Vision Saitama 4」埼玉県立近代美術館(埼玉)などにおいては、ポリカーボネートの透明フィルムを基底に、箔押しによって平面における身体と行為の境界線を探るシリーズ「eschaton」や生命の起源を描いた「螺旋体」など、空間絵画ともいえる巨大インスタレーションを行った。また、2012年より若手作家とともに、独自性をもった「日本画」の制作研究を行うグループ「イマジン」の活動を開始する。

本財団助成による海外研修

8月よりドイツ・デュッセルドルフを拠点に現代美術の先端表現と、その背景となるヨーロッパ古典美術を取材する。異文化におけるものづくりの状景から日本で培った美術制作を大きく俯瞰し、伝統と現代の関わりについて検証する。また現地での「日本画」を探究し、異なる現場における可能性についても実践する。

市川裕司(日本画)の成果発表はこちら

平成24年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ岡田 昌子ソプラノ二期会会員イタリア・ジェノバ
オペラ佐藤 美晴演出玉川大学芸術学部特別講師イギリス・ドイツ
オペラ上江 隼人バリトン二期会会員イタリア・ミラノ
美術大西 伸明現代美術ドイツ
美術市川 裕司日本画ドイツ・デュッセルドルフ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。