公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成25年度新人賞

菅尾 友

すがお とも
演出
北海道出身 東京都在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

国際基督教大学教養学部人文科学科卒業

2004年より2008年まで新国立劇場演出スタッフとして活動。
2008年より2012年までベルリン・コーミッシェ・オーパー演出スタッフとして勤務。
粟国淳、岩田達宗、鵜山仁、栗山民也、田尾下哲、中村敬一、蜷川幸雄、松本重孝、アンドレアス・ホモキ、グリシャ・アサガロフ、ジョナサン・ミラー、セバスチャン・バウムガルテン、デイビッド・パウントニー、ハンス=ペーター・レーマン、フィリップ・アルロー、ベネディクト・フォン・ペーター、マティアス・フォン・シュテークマン、マルコ・アルトゥーロ・マレッリ、ヨーゼフ・E・ケップリンガー各氏等のアシスタントを務める。

4歳よりバイオリンを始め、在学時にアジア・ユース・オーケストラのヨーロッパツアーに参加。18歳より演出活動を開始。以来、『魔笛』(1999年・国際基督教大学D館講堂、2002年・三鷹公会堂)、『夏の夜の夢』(2000年・国際基督教大学新D館ホール、2003年・西東京公会堂)、『ハムレット』(2004年・明石スタジオ)、『イドメネオ』(2005年・セシオン杉並)、『ヘンゼルとグレーテル』(2005年・新国立劇場中劇場)、『“シュフルーリ氏”&“ポムダピ”』(2007年・モーツァルト劇場による日本初演)、『歌劇・梧桐雨 - The Firmiana Rain』(2007年・台湾国家戯劇院における世界初演)、『子どもと魔法』(2011年・ケルン歌劇場)、『妖精の女王』(2011年・コーミッシェ・オーパー、コンサート構成演出)、『フィガロの結婚』(2012年・日生劇場開場50周年記念公演)等を演出している。

これまでの主な受賞歴

2008文化庁新進芸術家海外留学制度派遣生
2009リヒャルト・ヴァーグナー国際財団バイロイト音楽祭奨学生

本財団助成による海外研修

12月からミラノ・スカラ座等を拠点に舞台制作の現場に参加し、稽古から上演の実態、劇場の運営システムを学び、劇場と観客との関わり、社会におけるオペラ文化の在り方を考える。劇場外の文化活動にも目を向けながら、自身のレパートリーの拡大に務め、今後の活動の可能性を探る。

菅尾友(演出)の成果発表はこちら

平成25年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ菅尾 友演出イタリア・ミラノ
オペラ西村 悟テノール(株)ジャパン・アーツイタリア・ヴェローナ
オペラ木村 善明バス・バリトンドイツ・シュトゥットガルト
美術津上 みゆき絵画イギリス
美術渡辺 豪現代美術フィンランド
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。