公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成25年度新人賞

西村 悟

にしむら さとし
テノール
千葉県出身 埼玉県在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

日本大学芸術学部音楽学科首席卒業。
東京藝術大学大学院音楽研究科オペラ専攻修士課程修了

丹羽勝海、川上洋司、Yoko Takedaの各氏に師事。
2006年日本イタリア協会の奨学生としてボローニャ国立音楽院へ留学。2009年文化庁新進芸術家海外派遣員としてイタリア・ヴェローナに再度留学。

2006年、第52回東京藝術大学オペラ定期公演『セビリアの理髪師』のアルマヴィーヴァ伯爵役にてオペラデビュー。これまでに、『ファルスタッフ』フェントン役、『ラ•ボエーム』ロドルフォ役、『トスカ』スポレッタ役に出演。
2013年6月新国立劇場『夜叉ヶ池』晃役、同年9月『椿姫』アルフレード役で藤原歌劇団本公演での出演が決まっている。

コンサートでは、2010年佐渡裕指揮「21世紀の第九」にテノールソロに抜擢され好評を得る。2011年「東京フィルハーモニーオーケストラ100周年記念 第九特別演奏会」では、全公演にテノールソロで出演しその大任を果たす。「一万人の第九」や兵庫県立芸術文化センター「ジルベスター・ガラ・コンサート」に出演。2013年には水戸室内管弦楽団定期演奏会で大野和士氏より指名され、世界でも演奏機会の少ないブリテン「ノクターン」Op.60(テノール、7つの器楽助奏と弦楽のための)にテノール独唱で出演、大舞台でもその存在感を示し多方面より絶賛された。また「題名のない音楽会」などメディア出演も多数。2011年には、イタリアの若手オペラ歌手の登竜門として知られるリッカルド・ザンドナーイ国際声楽コンクールで上位入賞、審査委員長特別賞を受賞し、イタリアのMusica Riva Festivalに招待され賞賛を浴びる。また、カナダ・モントリオールの音楽祭に招待されるなど国外にも活躍の場を広げており、今後ますますの活躍が期待されている。
株式会社ジャパン・アーツ所属。

これまでの主な受賞歴

2005第36回イタリア声楽コンコルソ・ミラノ大賞(第1位)
2007第23回イズマエーレ・ヴォルトリーニ国際オペラコンクール入選。
2011第27回イズマエーレ・ヴォルトリーニ国際オペラコンクール第2位
2011第17回リッカルド・ザンドナーイ国際声楽コンクール第2位ならびに審査員長特別賞
2011第80回日本音楽コンクール声楽部門(オペラアリア)第1位ならびに聴衆賞

本財団助成による海外研修

9月からイタリア・ヴェローナを拠点に発声の発展、確立をさせると共に、イタリアオペラを中心にレパートリーの幅を広げる。イタリアだけにとどまらずヨーロッパ全体に目を向けオーデションやコンクールに積極的に挑戦し、世界的な活躍の場を広げていく。

西村悟(テノール)の成果発表はこちら

平成25年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ菅尾 友演出イタリア・ミラノ
オペラ西村 悟テノール(株)ジャパン・アーツイタリア・ヴェローナ
オペラ木村 善明バス・バリトンドイツ・シュトゥットガルト
美術津上 みゆき絵画イギリス
美術渡辺 豪現代美術フィンランド
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。