公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成25年度新人賞

木村 善明

きむら よしあき
バス・バリトン
岡山県出身 ドイツ在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業
東京藝術大学大学院修士課程オペラ科修了

2007年渡独。ドイツ国立カールスルーエ音楽大学付属オペラ研修所で研鑽を積み、ベルギー王立ブリュッセル音楽院歌曲マスタークラス卒業。フランス・トューロン音楽院ソリストコースを1等賞及び最高賞を得て首席卒業。ベルギー・ロブス財団及び野村国際文化財団の奨学生としてベルギー・フランダース歌劇場オペラスタジオにて、『愛の妙薬』ドゥルカマーラ役、ブリテン作曲の『ルクレーシアの凌辱』タルクイニアス役で出演のほか、ベルギー各地でのコンサート、リサイタルに出演、最優秀の成績で2012年に修了。ドイツ国立シュトュットガルト音楽演劇大学大学院在学中。

2006年、第52回東京藝術大学オペラ定期公演『セビリアの理髪師』のバルトロ役にてオペラデビュー。これまで『蝶々夫人』シャープレス、『ラ・ボエーム』マルチェッロ、『魔笛』パパゲーノ、『コシ・ファン・トゥッテ』グリエルモ、『カルメン』エスカミーリョ、『カヴァレリア・ルスティカーナ』アルフィオ、『パルジファル』クリングゾール役で出演。
2011年10月には、隔年で開催されるドイツの若手オペラ歌手の登竜門である「バンベルク夏のフェスティバル」のオーディションで380人の中から抜擢され『フィガロの結婚』主役のフィガロ役でヨーロッパデビューを果たす。2012年にはベルギー・ブリュッセルで開催のOpera Avantiフェスティバルにおいても『フィガロの結婚』フィガロ役で出演、各メディアで賞賛される。現在はドイツを拠点に、ドイツ・フランス・ベルギーにて演奏活動を行っている。

これまでの主な受賞歴

2007第19回日本声楽コンクール入賞
2009第28回ハンスガボア・ベルヴェデーレ国際オペラコンクール日本代表
2009第1回日本歌曲コンクール優勝
2009第11回さくらぴあ新人コンクール優勝 さくらぴあ大賞受賞
2009第8回J.S.G.日本シューベルト国際歌曲コンクール入賞

本財団助成による海外研修

4月からシュトュットガルト音楽大学教授コルネリス・ヴィトへフト氏のもと、難易度の高いベルク、シュトラウス、ロルツイング、ワーグナーなどのドイツオペラのレパートリーの習得に努めると共に発声技術の向上、発音、音楽性、表現法を総合的に結びつけ、積極的に劇場オーディション、国際コンクールに挑戦する。

木村善明(バス・バリトン )の成果発表はこちら

平成25年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ菅尾 友演出イタリア・ミラノ
オペラ西村 悟テノール(株)ジャパン・アーツイタリア・ヴェローナ
オペラ木村 善明バス・バリトンドイツ・シュトゥットガルト
美術津上 みゆき絵画イギリス
美術渡辺 豪現代美術フィンランド
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。