公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成25年度新人賞

渡辺 豪

わたなべ ごう
現代美術
兵庫県出身 埼玉県在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

愛知県立芸術大学美術学部油画科卒業
愛知県立芸術大学美術研究科油画専攻修了

人の顔、あるいは本や食器といった身の回りのものを、3Dコンピュータグラフィクス(3DCG)ソフトでモデリングし、そこに実際の人間や本などの画像を貼り付けたプリント 作品、またはアニメーションを主に制作している。3DCGが、はりぼてのように表面だけの構造であることから、物体の表面が物理的規制とは関係なく自由に変化してゆくアニメーション、あるいは緻密でフォトリアルにイメージ化されているが表面だけの人の顔などを通して、作家自身が見ているものが一体何なのかを探求している。

1999年、大学在学中に13名のメンバーとともに「art space dot」を愛知県西春日井郡に設立し作家活動をはじめる。2005年に「very very human」展(豊田市美術館/愛知)に出品した後、2007年には現在のアニメーションの基盤となる作品を含む個展「境面」(ARATANIURANO/東京)を開催。また同年、国立台湾美術館(台湾/台中市)で開催された「Have You Eaten Yet? - 2007 Asian Art Biennial」に参加するなど国外でも注目を浴びるようになる。
近年では、2010年「現代美術の発見VI 渡辺豪 白い話 黒い話」(愛知県美術館/愛知)、2011年「lightedge-境面Ⅱ」、2012年「portraits」(ARATANIURANO/東京)、「faces」(1223現代絵画/東京)での個展、同年「COSMIC TRAVELERS Toward the Unknown」(エスパス ルイ・ヴィトン東京/東京)、「カルペ・ディエム 花として今日を生きる」(豊田市美術館/愛知)のグループ展などで作品を発表している。

これまでの主な作品は、国立台湾美術館(台湾)、豊田市美術館(愛知)、トヨタ自動車株式会社(愛知)、ルイ・ヴィトン(フランス)に収蔵されている。

本財団助成による海外研修

10月からフィンランドに滞在し、地理的条件によって起こる特別な環境である「白夜」或いはその反対の現象を長い時間を通して経験しながら、その中で得られたイメージやインスピレーションを基に作品を構想して制作する。

渡辺豪(現代美術)の成果発表はこちら

平成25年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ菅尾 友演出イタリア・ミラノ
オペラ西村 悟テノール(株)ジャパン・アーツイタリア・ヴェローナ
オペラ木村 善明バス・バリトンドイツ・シュトゥットガルト
美術津上 みゆき絵画イギリス
美術渡辺 豪現代美術フィンランド
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。