公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成26年度新人賞

鬼原 良尚

きはら よしなお
コレペティトゥア
東京都出身 オーストリア・グラーツ在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

ウィーン国立音楽演劇大学ピアノ科卒業
英国王立音楽院大学院修士課程ピアノ科首席修了
グラーツ国立音楽演劇大学指揮科卒業
グラーツ国立音楽演劇大学大学院修士課程コレペティツィオン科首席修了
グラーツ国立音楽演劇大学大学院修士課程指揮科首席修了


三ツ石潤司氏、ベルンハルド・シュナイダー氏、ヴォルフガング・ボージチ氏、ヨハネス・プリンツ氏の諸氏に師事。
2006年東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校ピアノ科卒業と同時に渡欧、ウィーン国立音楽演劇大学指揮科、ピアノ科に入学。2010年同大ピアノ科卒業後グラーツ国立音楽演劇大学指揮科に移籍し、同年に英国王立音楽院大学院修士課程ピアノ科に入学。翌年、同音楽院修士課程ピアノ科を首席修了。

2013年にベルリン・ドイツ・オペラにて上演された「コシ・ファン・トゥッテ」のコレペティトゥア兼副指揮者に抜擢される。また、グラーツ歌劇場やグラーツ国立音大において、オペラ・ガラコンサートや室内楽コンサートに多数出演し、主にコレペティトゥア及び合唱指揮者として、2012年「ディドとエネアス」、2013年「トゥーランドット」、2013年「薔薇の騎士」、2014年「グローリア」他において活動する。また、2005年「フィガロの結婚」、2007年「セビリアの理髪師」(サイトウ・キネン・フェスティバル)、2007年「カルメン」、2008年「こうもり」(小澤征爾音楽塾プロジェクト)、2012年「天地創造」(リンツ・アスパッヒャー教会)、他の制作にコレペティトゥアや副指揮者として携わる。

グラーツ音大大学院両科修了時には、同大学より最優秀者として特別表彰を受ける。これまでにロームミュージックファンデーション奨学生、文化庁新進芸術家海外研修員として研鑽を積む。

本財団助成による海外研修

2014年より6月よりオーストリア・グラーツを拠点にヨーロッパ各地に目を向け、歌劇場やオペラスタジオのオーディションに挑戦し、更に深くオペラに関わっていくことを目指す。

平成26年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ鬼原 良尚コレペティトゥアオーストリア・グラーツ
オペラ髙橋 絵理ソプラノ二期会会員イタリア・ボローニャ
オペラ山本 耕平テノール二期会会員イタリア・マントヴァ
美術宮本 佳美洋画オランダ
美術谷保 玲奈日本画スペイン
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。