公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成26年度新人賞

山本 耕平

やまもと こうへい
テノール
鳥取県出身 東京都在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

東京学芸大学教育学部高等教育教員養成課程音楽科クラリネット専修中退
東京藝術大学音楽学部声楽科首席卒業
(アカンサス音楽賞、同声会音楽賞、松田トシ賞受賞)
イタリア・ミラノ・ヴェルディ音楽院ビエンニオ・声楽コース修了
東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程声楽(オペラ)専攻首席修了
(大学院アカンサス音楽賞受賞)

常松喜恵子、横山和彦、高橋修一、直野資、Alberto Cupido、黒田亜紀子、小森輝彦、Yoko Takeda Vassalleの諸氏に師事。
2009年、第55回東京芸術大学オペラ定期公演『イドメネオ』イドメネオ役にてオペラデビュー。2009年第1回武藤舞海外研修奨学金を得て渡伊、研鑽を積む。2013年度CHANEL Pygmalion Days Artist。

これまでに『イドメネオ』イドメネオ役、『コジ・ファン・トゥッテ』フェルランド役、『運命の力』ドン・アルヴァーロ役、『椿姫』アルフレード役、『道化師』ペッペ役、『こうもり』アルフレード役、『愛の妙薬』ネモリーノ役等に出演。2014年2月には東京二期会本公演『ドン・カルロ』タイトルロールで出演、賞賛される。

コンサートでは、読売交響楽団(現田茂夫指揮)、神奈川フィルハーモニー(松尾葉子指揮)、関西フィルハーモニー(藤岡幸夫氏指揮)など数多くのオーケストラと共演。海外ではオーストリア・ウィーンのフィガロハウスやイギリス・ロンドンのショパンハウスにて演奏、好評を博す。L.v.ベートーヴェン「第九」、G.プッチーニ「グローリア・ミサ」、F.シューベルト「ミサ曲第2番ト長調D.167」、F.ラッハナー「レクイエム(日本初演)」、サン=サーンス「レクイエム」、G.ロッシーニ「小荘厳ミサ曲」などコンサートソリストとしても活躍。二期会会員。

これまでの主な受賞歴

2008第39回イタリア声楽コンコルソ・ミラノ大賞部門第1位
2009日伊声楽コンコルソ第1位及び歌曲賞
2010第15回エネルギア音楽賞

本財団助成による海外研修

2014年6月よりイタリア・マントヴァを拠点に発声技術の向上に努め、併せてイタリア語、フランス語のオペラを中心にレパートリーの拡充を図る。性急なデビューを求めず、研修期間中よく自身の習熟度をみてコンクールやオーディションの好機を窺う。研修開始までの期間、研修中を通して複数の言語の修得・熟達に努め、国際的に通用する歌手を目指す。

平成26年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ鬼原 良尚コレペティトゥアオーストリア・グラーツ
オペラ髙橋 絵理ソプラノ二期会会員イタリア・ボローニャ
オペラ山本 耕平テノール二期会会員イタリア・マントヴァ
美術宮本 佳美洋画オランダ
美術谷保 玲奈日本画スペイン
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。