公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成28年度新人賞

川村 亘平

かわむら こうへい
影絵
東京都杉並区出身 東京都杉並区在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

東京都杉並区出身 東京都杉並区在住
亜細亜大学 国際関係学部 国際関係学科卒業

影絵(演出/上演/デザイン)と音楽(青銅打楽器ガムラン他)の作品制作・パフォーマンスを中心に活動する芸術家。
大学在学中、学内に新設された青銅打楽器【ガムラン】のグループに興味を持ち演奏活動を始める。2003年、インドネシア共和国・バリ島に音楽留学し、現地滞在中に古典影絵【WAYANG KULIT ワヤン・クリット】と出会ったことをきっかけに、2005年頃から演劇やインスタレーションなど独自の影絵制作を始める。

 シリーズ企画「ボクと影絵と音楽」(2009〜)では、脚本、演出、出演、デザインを自身が行い上演する。2015年には音楽家・田中馨との共作「小人が巨人に恋をした」が、クラウドファンディングにより資金を集めDVD化される。

近年の主な活動として2012年に主宰するパフォーマンスユニット【滞空時間】で東南アジアツアー「滞空時間東南アジアツアー」MUSEUM TOPENG(インドネシア・バリ島)/ LOT10(マレーシア・クアラルンプール)。2013年夜の商店街のシャッターに影絵を灯す「丸亀影絵通り」丸亀駅前商店街(香川県丸亀市)。2014年『恵比寿演舞場~「踊る」とは何か~』東京都立写真美術館(東京都)、「サントリー美術館影絵WS」サントリー美術館(東京都)、山形の民話をもとに影絵「地蔵について」山形ビエンナーレ(山形県山形市)。2015年には福島県南相馬市の市民参加者と東北芸術工科大学の学生とともに南相馬の民話をもとにした影絵「ヘビワヘビワ〜南相馬小高区に伝わる大蛇伝説より」稲荷神社(福島県福島市)/ 東北芸術工科大学(山形県山形市)、影絵個展「MATA AIR」相模湖交流センター(神奈川県相模原市)、バンド『cero』のアルバム、MV等に影絵作品を提供。

本財団助成による海外研修

2016年11月よりインドネシア共和国・バリ島を拠点に研修を開始する。
バリ島の伝統影絵【WAYANG KULIT】の上演、デザインの調査研究、および習得を中心に、インドネシア国内に残る儀礼や伝統芸能、美術、またそこから育まれた新しい芸術家たちとの交流を通じ、新たな影絵作品を制作する。

平成28年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ高橋 さやかソプラノフランス・パリ
オペラ髙橋 維ソプラノ二期会会員オーストリア・ウィーン
美術川村 亘平影絵インドネシア共和国・バリ島
美術東影 智裕彫刻ポーランド・クラクフ、ワルシャワ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。