公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成28年度新人賞

東影 智裕

ひがしかげ ともひろ
彫刻
兵庫県高砂市出身 東京都西東京市在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

兵庫県高砂市出身 東京都西東京市在住
生野学園高等学校 卒業

作品は死ぬこともなければ考える事もない単なる物質でしかない。しかし、その中に記憶を宿し、生と死、心や魂を感じる異質な存在を作りたいと考えている。記憶を元に作り出した動物の頭部や倒木等に少しずつ樹脂の毛並みを覆い造形していく。毛並みは何かに覆い被せなければ形を保つことができない。蓄積された記憶に新たな記憶を寄生させ、その存在を留める。記憶、存在、生と死を主軸として制作を行っている。

これまでの展示は、2011年「龍野アートプロジェクト 2011 刻の記憶 Arts and Memories」龍野アートプロジェクト(兵庫)、「東影 智裕 立体展」あるぴいの銀花ギャラリー(埼玉)。2012年「東影智裕 個展」ギャラリー島田(兵庫)、2013年「龍野アートプロジェクト 2013 刻の記憶 Arts and Memories」龍野アートプロジェクト(兵庫)、「TAGBOAT AWARD」AKI GALLER(台湾・台北)、「杉﨑 良子・東影 智裕 二人展」あるぴいの銀花ギャラリー(埼玉)。2014年「東影智裕展」ギャラリー上り屋敷(東京)、「東影智裕展」ギャラリー島田(兵庫)、「現代郷土作家展~藤原向意・松田一戯・清水浄・東影智裕 生きるものたちへ」姫路市立美術館(兵庫)、「CASA DE TÉ 2014」Galeria de Guadalajara(スペイン・グアダラハラ)。2015年 「第四回興福寺国際美術展」興福寺(長崎)、「今村源+東影智裕: 共生 / 寄生 − Forest」Gallery Nomart(大阪)などで作品を発表している。また、同年ワルシャワ大学において開催された日本学国際学会【日本の文化と宗教における動物】で、「私の作品の中の動物について」の発表および同大学において講義を行っている。

これまでの主な受賞歴

2012第7回タグボートアワード グランプリ
2013第8回タグボートアワード 審査員特別賞(山口裕美賞)
2014第3回あさごアートコンペティション スポンサー賞

本財団助成による海外研修

2017年3月よりポーランド・クラクフ、ワルシャワを拠点に研修を開始する。戦争、体制など大きな変化を経たポーランドの文化、芸術、宗教感に触れ、自分自身に備わった日本固有の死生観および環境の変化影響を客観的に捉えるため制作と考察を行う。また、中東欧、近隣諸国へも出向き見聞を広める。

平成28年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ高橋 さやかソプラノフランス・パリ
オペラ髙橋 維ソプラノ二期会会員オーストリア・ウィーン
美術川村 亘平影絵インドネシア共和国・バリ島
美術東影 智裕彫刻ポーランド・クラクフ、ワルシャワ
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。