公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成29年度新人賞

谷原 菜摘子

たにはら なつこ
洋画
埼玉県さいたま市出身 兵庫県芦屋市在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修了

表現する場としての支持体をキャンバスから黒いベルベットに替え、暗闇という無限遠を感じさせる空間を生み出す。その技法は自らの負の記憶を一般化することに資し、人類の暗い歴史的遺産を呼び起こすような装置としての絵画を創出する舞台となる。また表現技法としては、絵の具への雲母(キラ)の混入や貴金属のコラージュ等を通じて、ポップな画像をより鮮やかに際立たせた。その華やかな表現が舞台としての暗闇を一層際立たせ、作家独自の夢幻的な世界観を導き出した。
主な個展は、2013年、2015年、2016年、ギャラリー16(京都)で開催している。グループ展は、2014年「奈良・町家の芸術祭はならぁと こあ」 旧たき万旅館生駒宝山寺参道(奈良)、2014年、2015年「京展」京都市美術館(京都)、2015年「第24回奨学生美術展」佐藤美術館(東京)、2016年「VOCA2016現代美術の展望―新しい平面の作家たち」上野の森美術館 (東京)、2017年「25人の作家たち~佐藤国際文化育英財団25周年記念 奨学生選抜」佐藤美術館(東京)など多数。また2015年に第7回絹谷幸二賞をしている。これまでの主な作品は京都市美術館(京都)、京都銀行(京都)、第一生命保険株式会社(東京)に収蔵されている。

これまでの主な受賞歴

2015第7回絹谷幸二賞
2015京展2015 京都市美術館賞
2016VOCA展 奨励賞

本財団助成による海外研修

2017年10月よりフランス・パリを拠点に研修を開始。「自身の負の記憶と人の闇を混淆した美」という根本命題を実現させる。パリを「人の闇と美の融合」が果たされた土地と捉え、観察と考察、ドローイングを重ねることによって新たな表現を獲得することを目指す。また、西洋の重厚な闇を取り込むべく、近隣諸国の様々な人類の遺産にも目を向ける。

平成29年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ清水 勇磨バリトン東京二期会会員、公益財団法人日伊音楽協会会員イタリア・パルマ
オペラ竹多 倫子ソプラノ東京二期会会員イタリア・ヴェローナ
オペラ原田 太郎コレペティトゥアオーストリア・グラーツ
美術谷原 菜摘子洋画フランス・パリ
美術渡辺 泰子現代美術アメリカ・ヒューストン
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。