公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成29年度新人賞

渡辺 泰子

わたなべ やすこ
現代美術
千葉県我孫子市出身 東京都東村山市在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油画コース修了

映像、羊毛フェルト、写真などを中心に、複数のメディアを用いて制作、発表。デビュー当時より宇宙空間の移動や未知なものとのコンタクトをテーマに持ちながら、どこか彼方の場所と今いる場所を折り重ね、独自の世界を展開してきた。
作者自身による単純な行為の反復や素材への視触覚的なアプローチを利用して、天文学的視座を交えながら、作品は距離・時間・重力のスケールに対する身体感覚の可塑性を一貫して示している。また近年は個人の作家活動と並行して、同年代の作家との共同企画、演劇とのコラボレーション、自主企画展覧会に天文学者を呼んだトークの開催等、ジャンルや個人を越えた活動も積極的に行う。
主な展覧会として、2012年「虹の彼方」府中市美術館(東京)、2013 年「地上より」GALLERY SIDE2(東京)、2014年「Paper Object Festival」Kalnciema iela(ラトビア・リガ)、2015年「WOW!シグナル」GALLERY SIDE2(東京)、「カメラのみぞ知る」HAGIWARA PROJECTS(東京)、2016年「アートいちはら2016春」、旧里見小学校(千葉)、「断片から景色」アキバタマビ21(東京)、「夕方帰宅してみると」milkyeast(東京)など多数。

本財団助成による海外研修

2018年2月よりアメリカ・ヒューストンを拠点に研修を開始。アメリカ 各地を訪問し、自身が影響を受けてきたアメリカ現代美術、SETI(地球外知的生命体探査)、宇宙開発における関連施設、SF小説の舞台になった土地を巡る。
また研究所や博物館の視察、天文学者との交流を通し、多角的に他ジャンルとの想像力の接点を検証することで、今後の活動に活かしていく。

平成29年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ清水 勇磨バリトン東京二期会会員、公益財団法人日伊音楽協会会員イタリア・パルマ
オペラ竹多 倫子ソプラノ東京二期会会員イタリア・ヴェローナ
オペラ原田 太郎コレペティトゥアオーストリア・グラーツ
美術谷原 菜摘子洋画フランス・パリ
美術渡辺 泰子現代美術アメリカ・ヒューストン
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。