公益財団法人五島記念文化財団

優れた人材の発掘と育成を通じ豊かな社会の実現のお役に立ちたい

五島記念文化賞

平成30年度新人賞

今野 沙知恵

こんの さちえ
ソプラノ
宮城県仙台市出身 東京都渋谷区在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

桐朋学園大学 音楽学部 声楽専攻 首席卒業
桐朋学園大学大学院 音楽研究科 修了
新国立劇場オペラ研修所 第14期 修了


2010年桐朋学園大学の交換留学生として、イタリア・ローマ市のサンタ・チェチーリア音楽院に留学。平成26年度文化庁在外派遣研修員としてドイツ・ニュルンベルク市に留学。
木村俊光氏、マリア・デ・フランチェスカ=カヴァッツァ氏に師事。
2014年パシフィック・ミュージック・フェスティバルではステージオぺラ 『ナクソス島のアリアドネ』エコー役、同特別コンサート、リンクアップ・コンサート、マーラー作曲「交響曲第四番ト長調」ソプラノソリストとして高い評価を得た。
2018年4月東京・春・音楽祭ワーグナー・シリーズ vol.9 《ローエングリン》 小姓役、同年6月日生劇場オペラ『魔笛』パパゲーナ役、パミーナ役のカヴァー、同年7月兵庫県立芸術文化センター佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2018『魔弾の射手』エンヒェン役のカヴァーなどで出演予定。
また宗教曲等ではヘンデル版、モーツァルト版「メサイア」 、ベートーヴェン 「第九」等のソリストとして活躍している。東京都交響楽団のカルテットでの離島に於けるコンサートにも参加し好評を博している。

これまでの主な受賞歴

2016第85回日本音楽コンクール 声楽部門(歌曲) 第3位

本財団助成による海外研修

2019年1月よりドイツ・ニュルンベルクを拠点に研修を開始。
古典派からロマン派初期のドイツオペラを研究し、ドイツ音楽の正しい発音と ドイツ語オペラに必要な発声を確立させる。また歌詞の細かなニュアンスを理解して、より鮮明な、より役柄に適した表現に繋げるために、ドイツ語を堪能なものとする。

平成30年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
美術三田 健志現代美術アメリカ・ハワイ諸島
オペラ田中 祐子指揮株式会社AMATI 所属フランス・ボルドー
オペラ今野 沙知恵ソプラノドイツ・ニュルンベルク
オペラ 分野順 一覧
美術 分野順 一覧
五島記念文化財団では、「優れた人材の発掘と育成を通じて真に豊かな社会の実現にお役に立ちたい」という五島会長の遺志を継承し、芸術文化の分野の発展、向上に資するため、有能な新人及び地域において創造的で優れた芸術(主にオペラ並びに美術)活動を行っている方々の顕彰助成を行っております。